ニュージーランド2016ユースセーリングワールドチャンピオンシップ成績

  • 21
  • Dec

 12月20日までニュージーランド・オークランドで開催された「ユースセーリングワールドチャンピオンシップ」(ユースワールド)の成績です。日本はRS:X級男子、池田健星の11位を最高に中位置に甘んじました。国別優勝はイタリア、続いてイギリス、フランスとセーリング強国が好成績を残しました。次回2017年ユースワールドは予定されていたイスラエルが辞退したため、現在開催場所は決定していません。(BHM編集部)

2016 Aon Youth Sailing World Championship
ユースワールド入賞者集合。photo by Pedro Martinez/Sailing Energy/World Sailing


大会5日目(最終日)ハイライト

2016ユースセーリングワールドチャンピオンシップ成績
420級男子 参加25艇
1. USA Wiley Rogers / Jack Parkin
2. ISR Ido Bilik / Ofek Shalgi
3. ARG Fausto Peralta / Martin Arroyo Verdi
15. 松尾虎太郎/三浦 匠(山口県立光高等学校・YSTT)

420級女子 参加21艇
1. POL Julia Szmit / Hanna Dzik
2. ITA Alexandra Stalder / Silvia Speri
3. FRA Violette Dorange / Camille Orion
18. 堀畑南帆/北林風花(海津明誠高等学校)

レーザーラジアル級男子 参加57艇
1. AUS Finnian Alexander
2. ITA Paolo Giargia
3. USA Carrson Pearce
28. 高山颯太(神奈川県ユースヨットクラブ)

レザーラジアル級女子 参加47艇
1. URU Dolores Moreira Fraschini
2. CRO Sandra Luli
3. ITA Carolina Albano
27. 菅沼汐音(渋谷教育学園 幕張高等学校)

RS:X級男子 27艇
1. ISR Yoav Omer
2. NED Sil Hoekstra
3. CHN Chen Hao Chen
11. 池田健星(Kaya)

RS:X級女子 18艇
1. GBR Emma Wilson
2. ISR Katy Spychakov
3. PER Maria Belen Bazo
13. 新嶋莉奈(セブンシーズ)

29er級女子 参加24艇
1. AUS Natasha Bryant / Annie Wilmot
2. POL Aleksandra Melzacka / Maja Micinska
3. NZL Greta Stewart / Kate Stewart
12. 山崎あんな/高野芹奈(青山学院高等部/和歌山セーリングクラブ)

ナクラ15 参加20艇
1. FRA Tim Mourniac / Charles Dorange
2. USA Romain Screve / Ian Brill
3. BEL Henri Demesmaeker / Isaura Maenhaut
日本不参加

29er級男子
1. GBR Crispin Beaumont / Tom Darling
2. FRA Gwendal Nael / Lilian Mercier
3. AUS John Cooley / Simon Hoffman
日本不参加

ナショナルトロフィー
1. ITA 267.00p
2. GBR 261.00p
3. FRA 252.00p
4. ISR 240.00p
5. POL 220.00p
6. USA 214.0p
24.日本

◎2016 Aon Youth Sailing World Championships
http://www.isafyouthworlds.com/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ