Loading

岡田/外薗が逃げ切り優勝を飾る。470全日本最終日

 11月15日、相模湾で開催された「第49回全日本470選手権」最終日は決勝メダルレースがおこなわれました。メダルレースは南に回った軽風で2レース実施。白熱したトップ争いが繰り広げられ、市野直毅/松尾虎太郎が2レースともトップフィニッシュ(合計4点)を決めますが、3-2位(合計10点)の岡田奎樹/外薗潤平には及ばず。岡田/外薗が三度目の全日本優勝を飾りました。(BHM編集部)

◎第49回全日本470選手権 最終上位成績
1 岡田奎樹/外薗潤平(トヨタ自動車東日本/九州旅客鉄道)23p
2 市野直毅/松尾虎太郎(JFE商事/早稲田大)33p
3 土居 一斗/木村 直矢(アビームコンサルティング)45p
4 高山大智/盛田冬華(ヤマハ発動機/法政大・ヤマハ発動機)47p
5 吉田 愛/吉岡美帆(ベネッセセーリングチーム)57p
6 小泉颯作/中川大河(トヨタ自動車東日本/福井県スポーツ協会)80p
7 小栁倫太郎/中村大陽(日本大)82p
8 田中美紗樹/疋田大晟(早稲田大OG/ヤマハ発動機)93p
9 大石駿水/三浦 匠(同志社大)125p
10 西村宗至朗/新井健伸(早稲田大)128p

優勝を決めた岡田奎樹/外薗潤平。2017、18年に続く3度目の優勝を決めました
メダルレースの海面は東京五輪(南)を想定して防波堤の目の前。本大会では防波堤からメダルレースを観戦できました。また、メダルレース以外の選手が出場したラストレースは風が弱くキャンセルされました
メダルレース進出選手全員集合。ハーバーではマスクを欠かせません
ガッチリ握手を交わす市野/松尾。二度のトップフィニッシュは見事の一言。即席チームながら大健闘しました
総合5位、女子優勝の吉田/吉岡
優勝カップを掲げる岡田/外薗
閉会式は表彰対象選手だけが集まりzoomで公開されました。今回はセレモニーだけでなく、審問もzoomを使ってオンラインでおこなわれました
表彰式の後は男女五輪選手の記者会見が開かれました。本大会には約30名のメディアが取材に訪れました。毎日の取材は岡田/外薗、吉田/吉岡に集中しましたが、選手たちは長時間の取材にも笑顔で答えていました
来年の夏のオリンピックが終わると取材合戦も一段落するでしょう。来年の全日本選手権は高松で開催予定です
2020全日本470 最終成績
CATEGORY:  COLLEGEDINGHYINSHORENEWSOLYMPICYOUTH

INFORMATION