Loading

重松 陽優勝!東日本オプティミスト選手権最終日

 9月22日、愛知県蒲郡・豊田自動織機海陽ヨットハーバーで2日間開催された「第38回 リビエラカップ 東日本オプティミスト級セーリング選手権」。大会2日目は午前中風弱く、午後から吹き出した北東の風で3レースおこなわれました。(BHM編集部)

オプティミスト級東日本選手権、優勝の重松 陽選手(夢の島・中2)

 雨雲とともにやってきた北東風は、12〜14ノットまであがり、絶好のセーリングコンディションとなりました。前日の微風/DNFレースを払拭するごとく、順調にレースが進行し、最終レースこそ風が落ち始めましたが、満足の風でおこなわれました。

 結果は、全5レースを終えて、優勝 重松 陽(夢の島)、2位早川大翔(湘南ジュニア)、3位菅澤虎士朗(江ノ島)です。総合成績は下記のとおり。本大会の上位選手は11月に江の島で開催される全日本選手権の出場権利が与えられます。

江の島ヨットクラブジュニアのミーティング風景
期待の風は吹かずカードゲームで風待ちする選手たち
快晴の中出艇しましたが風吹かず。APHが揚がり一旦ハーバーに戻りました
APHの陸上待機も数十分で終了。せわしなく再び海上へ。風が180度変わり、一気にあがりました
本大会には94艇がエントリー。上位グループは僅差でマークへ迫ってきます
大フリートゆえスタートラインも長い。でも見ての通り、中央部分は大きく凹んでいます
左から優勝の重松 陽、2位早川大翔、3位菅澤虎士朗
ノースセールジャパンから最終レースでトップ賞を取った鷲尾 空選手(総合15位)にセールが贈られました
今年の全日本オプティミスト級選手権は11月20〜23日に江の島ヨットハーバーで開催されます
2020東日本オプティミスト選手権・最終成績
CATEGORY:  DINGHYINSHOREJuniorNEWS
TAG: 

INFORMATION