Loading

77艇DNFの大波乱。東日本オプティミスト選手権初日

 9月21日、愛知県蒲郡・豊田自動織機海陽ヨットハーバーで「第38回 リビエラカップ 東日本オプティミスト級セーリング選手権」が開催されています。本大会は11月におこなわれる全日本選手権の東日本予選で、同日に福岡・小戸で西日本予選が開催されています。(BHM編集部)

蒲郡で開幕した東日本オプティミスト選手権。11月全日本選手権の予選の位置づけです

 東日本初日は弱い北風で2レース実施。第1レースではトップグループがフィニッシュしてから風がピタリとなくなり、参加94艇中77艇がDNFとなる波乱がおこりました(合計4レース以上で1レースの得点がカットされます)。

 この後、選手たちは一旦ハーバーへ戻って風待ち。午後2時過ぎから吹いてきた南西風で仕切り直し、第2レースがおこなわれました。

 東日本選手権では上位38選手が全日本出場の権利が与えられます(参加艇数からの割合で西日本選手権は24選手)。明日22日は大会最終日です。

東日本のエントリーは94艇。全艇同時スタートでおこなわれています。コロナ感染を抑えるため規模を縮小し、Bクラスは設けられていません
6-3位で初日首位に立った池田航介(江ノ島)
風は4ノット程度。スタートから上マークまで約600メートル。マーク・アプローチは大渋滞です
暫定2位の菅澤虎士朗(江ノ島) 。9-2位
1-11位で暫定3位、早川大翔(湘南ジュニア)
第2レースでは後藤大志(YMFS葉山。手前)と 菅澤虎士朗がデットヒート。フィニッシュで後藤がギリギリ逃げ切りました
9月後半とはいえ夏さながらに気温が上がり、風軸が定まらず。大会2日目の風に期待です
東日本オプティミスト選手権・初日成績
CATEGORY:  DINGHYINSHOREJuniorNEWS
TAG: 

INFORMATION