Loading

若手選手が活躍!伊藤園マッチレースシリーズ2019クリスマスマッチ

 12月14日、15日に葉山マリーナで「伊藤園マッチレースシリーズ クリスマスマッチ in 葉山マリーナ」が開催されました。この大会に若手を含めた7チームがエントリー。昨年大会に引き続き、本吉夏樹選手が優勝しました。(レポート・写真/樋口良彦 レース委員長)


葉山で開催されたクリスマスマッチ。冬の葉山でおこなわれる名物レースです

 伊藤園マッチレースシリーズは、株式会社伊藤園の協賛により、4月から4回のマッチレースシリーズを葉山マリーナで開催しています。クリスマスマッチは12月に、シリーズの最終戦として開催されています。

 レース初日は朝から西風が吹き上がり、レースは実施されませんでした。2日目は北風の非常に良いコンディションの中、ラウンドロビン(総当たり戦)が実施されました。

 ラウンドロビンの途中で艇の接触があり、7チーム5艇でマッチレースを行う展開に。ラウンドロビンを全て実施できなかったものの、8フライト目を終了したところで2日目のマッチを終了し、リードを続けた本吉選手が優勝し、賞金を手にしました。

 また、学生マッチをきっかけにチームを組んで参戦した、牧野選手・三苫選手・北詰選手がそれぞれ、2位、3位、4位となり、若い選手が好成績を残した結果となりました。

 レース後には葉山マリーナのエメラルドルームで、表彰式が開催されました。

「過去数年間、学生マッチに取り組んできて、今回それをきっかけにマッチレースに取り組んできた若い選手が好成績を残すことができ、成果を感じられるようになった。各選手は、これに満足することなく、さらに上を目指してレース活動に取り組んでほしい」とJYMA伊藝 徳雄副会長が挨拶しました。

 本年のシリーズレースも、20代から60代までの幅広い選手がマッチレースに参加しました。今後もより多くの若い選手に、マッチレースに挑戦し続けてもらいたいと思います。


大学対抗&U25マッチでキールボートを経験した選手がマッチレースでも活躍しています


優勝の本吉夏樹チーム

2019伊藤園マッチレースシリーズ クリスマスマッチ成績
優勝 Natsuki Motoyoshi
2位 Aoi Makino
3位 Toshihisa Mitoma
4位 Naoto Kitazume
5位 Isao Uematsu
5位 Takuya Kato
7位 Kenji Kubota

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  INSHOREKEELBOATNEWS

INFORMATION