ヨットレース繁盛記。ブローチング祭りだ!

  • 24
  • Apr

 4月21日の相模湾は、ほがらかな春から一変。まるで真冬に戻ったような極寒+雨の1日となりました。それでも、葉山マリーナヨットクラブ(HMYC)はクラブレースを元気に開催です。編集部が知る限り、HMYCのクラブレースは、中止がほとんどありません。台風直撃など天変地異以外は実施します。今回も滝に打たれる荒修行レースにもかかわらず23艇が出場。みんなで精神修行をたしなんできました。(BHM編集部)


「SportsCode CUP」に参加した修行仲間です。photo by Higuchi

ヨットレース繁盛記!ドタバタ編
第1回 SportsCode CUP

 午前7時、雨ザーザー降り。車の温度計は5度。しかも強風。ハンドルを握る手が冷たくてかじかむので、しばらく手をグーにして運転していました。本日は葉山マリーナヨットクラブの「Sports Code CUP」です。こんな日にヨットレースなんて、ほとんど変態です。でも変態なので海に来てしまいました。そしてマリーナについたら変態がいっぱいいました。わはは。(文/石丸寿美子)

 わたしたち〈ホビーホーク〉のメンバーは、朝の時点で6人だったので、どうなることかと思いましたが、ディンギーレースがキャンセルになったため急遽2名追加となり、楽しげな8名でレース参戦となりました。

 しかし、4月の下旬だっていうのにこの寒さ。罰ゲームか何かですかね。フリース、カッパ、ブーツにウィンターグローブという真冬仕様で、フードのドローコードをきゅっと締めてドックアウトです。

『もっちりスタート。ヨットの神さまにカツを入れられる』

 レース海面はコンスタントに20ノット、ガストで25ノットオーバーの重い北風。風見を見上げると目に雨が刺さって痛いです。ひぇー。でも、陸風のフラットな海面のド強風なんて久しぶりなので、ちょっと楽しみでもあります。

 参加艇は23艇。うち外来艇は4艇です。このコンディションでスタートを見合わせた艇もいたようですが、関東ミドルボート選手権の直前ということもあり、みなさん気合十分。定刻どおり元気にスタートしました。

 〈ホビーホーク〉は、…うーん、頭こそ並べて出たけれど、シモに加速のルームがなかったためフルスピードで出られず、なんだかモッチリとした走り出しです。右海面に行きたかったけれど思うようなコースを引けず、フリートの真ん中あたりに埋もれて走る展開です。

 スピンランはエキサイティング! 強風は大好きなはずなんだけど、久々すぎてすっかりチキンになってしまい、ジャイブ後のローリングで毎回チビリそうに(失礼)なっていました。バウチームも激しいタコ踊りを披露し、後ろの方も豊作ダンスばりのドタバタ劇場です。

 そしてついにヨットの神様に喝を入れられ、フィニッシュ直前に軽いブローチング。ふー、なんか吹っ切れました。このレースはドタバタながらも大きなトラブルなく終え、23艇中、着順11位、修正10位。


まわりはブローチング、ブローチング。みなさん良い感じでエキサイトしていました。わたしたち〈ホビーホーク〉も踊りまくりです。photo by M.Ikami

『イケイケホイホイで野生ジャイブをかます?』

 続く第2レース、少し風落ちたかな? と思った矢先に強烈なガストで吹き倒されたりと、このレースもいぜん強風です。スタートはややショートだったけれど、今度はフリーな位置で出られたのでヨシとします。

 序盤は真ん中海面を使い右を伸ばします。返すとイイ感じのゲインです。ウホ! 豊作ダンスで体がほぐれたのか? 何となく強風にも慣れて走りやすくなってきました。

 上マーク回航は数艇がゴチャっと集まって来ます。この風でコンタクトがあると大クラッシュになってしまうので冷や汗が出ますが、ミートの判断も早めに意思表示もはっきりと、安全第一で走ります!

 続くダウンウインドは、あちこちでブローチング祭りとなりました。強烈な振れガストが入り、まわりの3〜4艇が同時に横倒しになっているのが視界の端っこに入ってきますが、見ない、見ない。明日は我が身です。

 そのうち、なんていうか、肝が据わってきたっていうか、さっきまでかなりビビッてたのに、気づけばバイザリーでガンガン走れるようになってきました。

 この度胸と感覚、すっかり忘れていたけどちょっと思い出しました! イケイケホイホイです! 速く走り続ければコケないぞ! 自転車と同じ! え?違う?(と、つい調子に乗りすぎて、野生ジャイブ未遂が1回ありました。ごめんなさい)


野生ジャイブを避け、穏やかな気持ちで下マークを回航する〈ホビーホーク〉。般若心経の教えのように。photo by M.Ikami

 最後、10秒で3艇がなだれこむというエキサイティングな接戦で、着順9位でフィニッシュ。このレースは修正5位でした。Wow。総合でも第6位と何とかシングル入り。上デキです。がんばりました!

 ハリヤードトラブルやセール破損などはあったようだけど、出走した全艇はしっかり完走。ホビーホークもちょこちょこと小さなトラブルはあったけれど無事走り切りました。でも走りの精度を追及するところまでは到底およばず、まだまだ修行が足りません。それでもまたひとつ強風レースの場数を踏むことができてよかったです。

 優勝は〈Gaia〉です。おめでとうございます。ミドルボートに向けて、準備万端のようですよ!

 久々の強風レースにしびれました。寒かったけど、スカーーーっとしました。今はあちこち筋肉痛で、変な歩き方をしながら楽しかった週末を思い出してニヤニヤしている変態な日々です。ありがとう北風! 今日も楽しかったです。強風バンザイ!


寒くて地蔵のように固まるホビーホークのおれたち。photo by Hobbyhawk


今回のSportsCode CUPは、運動を科学的にサポートするソフトウェアや分析システムを手掛ける〈フィットネスアポロ社〉の協賛で、オンボードカメラを搭載しました。レース終了後は撮影した動画をレースの冠名にもなったリアルタイムフィードバックシステム「スポーツコード」を用いて分析するプレゼンテーションも行われたのでした

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ