Loading

冬の葉山で開幕!ワールド選考、第32回全日本420選手権

 12月21日、神奈川県葉山沖で「第32回全日本420選手権」が開幕しました。出場するのは東北・岩手から九州・鹿児島まで全国から集まった72艇です。大会初日は午前中に計測・受付、開会式がおこなわれ、午後から海に出て予選2レースを実施しました。成績は下記のとおりです。大会は23日まで開催されます。(BHM編集部)


日本の420級はインターハイで採用され、高校ヨット部の主要艇種です。国際的には470級へのステップアップ艇種としてユースワールドなどで採用されています。本大会は2020年フランス世界選手権の選考を兼ねています。photo by Junichi Hirai


大会会場は葉山港。420全日本の葉山開催は2015年以来です。多くのチームが夏のインターハイを目標にしているため、本大会は秋から始まった新チームによる腕試しの意味もあります。photo by Junichi Hirai


大会初日は北東風5〜7メートル程度の絶好のセーリングコンディションとなりました。photo by Junichi Hirai


初日首位に立った池田海人/宇田川涼太郎(霞ケ浦セーリングチーム)。photo by Junichi Hirai


出場チームの多くは高校ヨット部ですが、OPから移行した中学生セーラーも出場しています。photo by Junichi Hirai


第2レースでトップフィニッシュを決めた飯田澪/岩本悠那(山口県セーリング連盟)。photo by Junichi Hirai


夕方から葉山港3階でおこなわれたレセプション・パーティ。ホストをつとめる葉山町セーリング協会の手作り料理が用意されました。photo by Junichi Hirai


すごーい。420全日本記念ケーキ。jphoto by Junichi Hirai


選手への参加賞はビーチサンダルです。photo by Junichi Hirai


全日本出場の記念になりますね。撮影用フォトフレームも用意されました。photo by Junichi Hirai


第32回全日本420選手権 初日成績 2R終了時

◎第32回全日本420選手権
https://www.dhh-project.com/420JPN2019/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWS

INFORMATION