Loading

本格的な寒さ到来。便座が冷たいのです

ベンガル・デリバリーレポート(31)
ハワイ〜ロサンゼルス

6月10日『パンチングの振動にイライラする』

 朝から北東18ノットくらいまであがり、波も悪くヒールもきつかったので、メインセールダウン。そうしたら風が13ノット前後まで落ちてしまいました。。。(文/寺尾まゆこ、写真/チーム・ベンガル)

 波はよくないです。チャートテーブル前に座ってると、パンチングの振動でイライラします。現在の行きたい方向には向いてないけど、最終目的地の方には向いてます。「このままこのディレクション(方向)で着かないかなぁ」なんてセコいこと考えたりして。

 昨日はくじらのファミリーをみたり、ダブルの虹を見たり、星がきれいだったり、いいことがたくさんありました。くじらは、またしても船上の発見屋、古川さんが一番に見つけました。

 ところで、出航2日目くらいからゴミをちょくちょくみかけてるのですが、ここ数日は漁網の漂流が多いです。昨日もちょこっとペラに絡まりました。


天候は曇り。ものすごーく寒くなってきました

6月12日『カレールーを4種類入れてみました』

 小さめのデリバリージブ(編注:回航専用のジブ)だけで9ノット走れるこの船は優秀です。でもジブ帆走だとオーパイくん(編注:オートパイロット。自動操舵装置)に負担がかかるので、クルーがちょこっとずつヘルムもって休憩させてあげてます。

 北太平洋航海の常に反して、このままずっと上りで終わりそうな気配がしてきました。目標は17日の昼到着。どうかな、どうかな?

 漁網が多くて、たまにひっかけます。貝がついていないので、新しいみたいです。どこから流れてくるんだろう、こんなに。

 寒さが本格的になってきました。便座が冷たいです。米を研ぐのも手が冷たいので、しゃもじで米研いでます。ギアが重装備になってきたのと寒さで縮こまってるのとで、肩こりがひどいです。バスタブに浸かりたいです。

 夕食は、なるべくあったかい汁物系とか辛い系にするようにしてます。昨日の夜はえび、あさり、イカ(全て缶詰)と野菜を入れたシーフードカレーでした。

 ルーはいくつか混ぜたほうがいいとよく聞くので、ジャワカレー、ゴールデンカレー、バーモントカレー、とろけるカレーと4つ混ぜてますが、なんか混ぜすぎて、コクがあるのかなんなのかよくわからなくなってきました。


ワッチオフになっても一生懸命新しいソフトを勉強しているもりもりさんは(上写真)、日本から積んできてまだ残っていたDHAサプリを見つけて毎日摂取しています。でも、これ以上頭の回転よくなってもらっては困ると思って(編注:?)、追いつくために私も毎日飲むことにしました(編注:??)。


ベンガルのバンク(船内の寝床)。寝袋をかぶって寝るのでどっちが頭かわからなくなります


View Bengal7_5 in a larger map
ベンガルの現在位置です

◎ベンガル・デリバリーレポート
(31)太平洋上で「太平洋ひとりぼっち」を読む
(30)太平洋の船の上で天気の勉強しています
(29)ベンガル、ただいまハワイから北上してます
(28)太平洋横断中!ベンガルレポート再開です
(27)知ってる?ハワイのラビットアイランドレース
(26)ベンガル回航チーム任務完了!一旦解散です
(25)ハワイはいいわー。到着した時の写真を紹介
(24)アロ〜ハ!ワイキキヨットクラブに到着!
(23)ハワイ沖、野生の鳥がヨットにぶつかるなんて
(22)到着は16日? ハワイまで1000マイルです!
(21)恐怖! 飛んできたイカが目に突き刺さる?
(20)赤道通過直前、カツオを釣り上げた!
(19)ベンガル、晴れ空の下、水虫の薬を研究する
(18)タヒチ出港。2400マイル先のハワイへGO!
(17)入国手続に手間取り…。パペーテのベンガル
(16)楽園タヒチ、18日ぶりの上陸を満喫します!
(15)ついに到着目前、タヒチが見えてきたぜっ!
(14)ベンガル南太平洋北上。キャビンがムシムシ
(13)バンザイ!タヒチまで1000マイル切りました
(12)南太平洋上、雨水を貯めてシャワーを浴びる
(11)夜空の星座を眺めながら今の自分を考えた
(10)マグロを釣る夢を見て、よだれを垂らす
(9)ヨットの上で、地球って不思議だなぁと思う
(8)イルカの群れと走り、満点の星空を眺める
(7)次はタヒチへ。ベンガル、再び出港準備です
(6)ニュージーランドで温泉を探す旅に出る
(5)ウェリントンのチャファーズマリーナ
(4)1200マイル走破!ウェリントン到着しました
(3)シドニー沖。荒れた海でクジラと接近遭遇
(2)シドニー最後の夕日は、きれいでした
(1)出港直前。ベンガル回航一座、出港準備です
(0)南太平洋デリバリーレポートはじまります!

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  NEWSOFFSHORESPECIAL

INFORMATION