強風の2日間。2018兵庫ジュニアオープン選手権レポート

  • 11
  • Apr

 4月7、8日、今年も恒例のオプティミスト級による「Main Stage 兵庫ジュニアオープン選手権」が開催されました。(文・写真提供/兵庫ジュニアオープン実行委員会)

2018-04-11_03
今年の兵庫ジュニアオープン選手権は吹きました

 新年度早々、全国各地からAクラス55艇、Bクラス16艇がエントリー。選手・保護者・運営スタッフあわせ総勢約200名が兵庫県立海洋体育館(芦屋市)に集う、西日本では最大級の規模を誇る大会となりました。

 3月におこなわれた最終選考会でナショナルチームに内定している19名のうち11名も参加。まるで冬に逆戻りしたような冷たい風が吹き荒れる芦屋の海で、熱い戦いが繰り広げられました。

2018-04-11_01
ハーバーに溢れんばかりのOP艇団

 2日間とも本大会近年には珍しい風速10メートルを超える強風のコンディションとなりました

 レース初日は安全確保が難しいと判断したため、Bクラスは陸上待機、Aクラスのみの出艇としました。

 結果第1レース開始後、風の勢いがさらに増し、途中ノーレース。この日は両クラスともレースを消化できずに終えました。

 2日目はA・B両クラス出艇し、Aクラスは全3レース実施できました。

2018-04-11_02
OP-Aクラスのセーリング

 結果、Aクラス優勝は江の島ヨットクラブジュニア黒田研一郎選手、2位は北原頌子選手、3位は池田海人選手でした。

2018-04-11_04
OP-Aクラス入賞者6名

 Bクラスはスタートするも、継続が難しいと判断しノーレースに。結果2日とも強風のためレースができず、残念ながらBクラスの大会は成立しませんでした。

2018-04-11_05
OP-Bクラス(大会不成立で)全員入賞?

 今後も躍進を続ける「Main Stage 兵庫ジュニアオープン」をよろしくお願いします。

20180407_hyogoopen_result_a
Main Stage 兵庫ジュニアオープン2018成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
関東ミドルボート・オーナーズクラブ
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ