南アフリカが首位へ!アルゼンチン470世界選手権3日目

  • 25
  • Feb

 2月24日、アルゼンチンで開催されている「470級世界選手権3日目」。ブエノスアイレス沖は、本日も期待された風は吹かず、約2時間の陸上待機からはじまりました。その後、午後の風を期待してドックアウトしましたが、レース海面も風なし。きょうも長い1日が始まりました。(BHM編集部)

313A4116
南アフリカAsenathi Jim / Roger Hudsonチームが自身初のワールド首位に立ちました。第5レースでは逆転トップ。ロンドン五輪を目標に作られたアフリカチームはここまで成長しました。photo by Junichi Hirai

 大会3日目は男子2レース、女子1レースおこなわれました。結局、スタートした時刻は予定の12時から約4時間後まで待たされました。レース海面で北東の風が一瞬だけ吹き上がりましたが、風向が安定しません。風の強弱のアップダウンも激しく、このようなコンディションで土居一斗/今村公彦が気を吐きました。弾丸スタートから1上マークを2位回航、3位フィニッシュで成績も急浮上します。

「ポートロングのコースでプランどおりに走れました。スタートがうまくいったのが一番です。でも、その後(第5レース)が、よくなかった。スタートで右海面へ逃げてから風が大きく左へ。ずっとリフトを走る最悪のパターン。タックのタイミングがわからなかった。こんな場面の正解は、すぐにタックして左海面へ向かわなくてはいけないのでしょうね」(今村)

 第5レースでは、風が大きく左へシフト。1〜2マーク(サイドマークレグ)、スピネーカーが上げられなくなってしまい、サイドマークにクローズでアプローチするという大変則コースとなりました。こうした片道1本コースでマイナスを走ってしまったことは、不運だったと言わざるを得ません。

 午後5時30分を過ぎてもレース委員会はレース続行の意思を見せますが、急速に発達した低気圧の影響を受けるため、ハーバーバックのアナウンス。夜になり雨が降り出し、気持ちの良い冷たい風が通り過ぎました。明日大会4日目はレース進行の遅れを取り戻すべく、午前10時スタートでおこなわれます。

アルゼンチン470級世界選手権 3日目成績
男子 参加42艇
1. RSA Asenathi Jim / Roger Hudson 3-16-6-11-1 21p
2. ESP Onan Barreiros Rodriguez / Juan Curbelo Cabrera 8-5-4-4-20p
3. SWE Anton Dahlberg / Fredrik Bergstrom 11-4-2-15-10 21p
4. AUS Mathew Belcher / William Ryan UFD-21-1-6-3 31p
5. CRO Sime Fantela / Igor Marenic 5-6-18-2 27
6. GRE Panagiotis Mantis / Pavlos Kagialis 29-2-13-1
16p
22. 土居一斗/今村公彦 32-7-29-3-31 102p 

女子 参加40艇
1. FRA Camille Lecointre / Helene Defrance (UFD)-1-5-2 8p
2. AUT Lara Vadlau / Jolanta Ogar (21)-7-2-1 10p
3. NED Afrodite Zegers-Kyranakou / Anneloes Van Veen (4-10)-1-5 10p
4. USA Anne Haeger / Briana Provancha 3-2-(16)-7 12p
5. USA Sydney Bolger / Carly Shevitz (1)-11-4-19 16p
6. CHN Xiaoli Wang / Lizhu Huang (2)-4-18-12
14. 吉田 愛/吉岡美帆 14-15-6-(25) 35p
30. 山口祥世/畑山絵里 30-33-11-30 71p

◎大会写真(バルクヘッドマガジン・フェイスブック)
https://www.facebook.com/bulkheader/
◎ARGENTINA 470 Championships
http://2016worlds.470.org/

313A3014
初日の失格+21位で出鼻をくじかれましたが、その後1-6-3位を取って急浮上したオーストラリア。photo by Junichi Hirai

313A3883
女子トップを取ったオーストリア。現在ワールドで2連覇しています。photo by Junichi Hirai

313A2948
第5レースで3位、会心の走りを見せる土居/今村。8月までリオ尽くしの毎日になります。photo by Junichi Hirai

313A3961
片振れのシフトに乗ることが出来ず、カットレースを作ってしまった吉田/吉岡。photo by Junichi Hirai

313A4330
往年の名選手、イタリアのガブリオが復活しています。photo by Junichi Hirai


大会3日目ダイジェスト映像。制作:デイリーセーリング

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
関東ミドルボートオーナーズクラブ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ