佐藤/村岸勝利、テーザーオータムレガッタ

  • 16
  • Nov

 11月11日、江の島ヨットハーバーで「テーザー級オータムレガッタ」が開催されました。前日の土曜日には合同練習会が開催され、乗員を乗せ換えながらの帆走練習と着艇後は合同ミーティングが実施され、各艇で帆走の技術を交換し合いました。(文・写真/日本テーザー協会)

 レース当日、稲毛から5艇、葉山4艇、江の島3艇、浜名湖2艇、芦屋2艇、大阪北港2艇の計18艇が参加。北風は冷たいですが選手たちの闘志はメラメラと燃えているようです。

 1回のゼネリコの後、10時42分に第1レースがスタートしました。風速5メートル前後の順風ですが、陸風特有の激しい振れと強弱の変化に翻弄され、1上マークまでの間も順位はめまぐるしく変動していきます。

 それでも1上をトップ回航したのは全日本覇者の佐藤/村岸艇でした。その後のレグも後続艇を寄せ付けず1位でフィニッシュ。2位に石川/泉艇、3位に渡辺/中川艇が続きます。

 第2レースも佐藤/村岸艇が1上からフィニッシュまでトップを守ります。2位の山村/吉田艇、3位の石塚/白岩艇はフィニッシュの瞬間まで激しく争い、2位以下は混戦模様となりました。

 第3レース、右海面に行った佐藤/村岸艇に対し左海面の艇団が大きくゲインします。1上を1位でまわった石川/泉艇が激しく追い上げる佐藤/村岸艇をかわしてトップフィニッシュ。2位佐藤/村岸艇、3位石塚/白岩艇となり、これが佐藤/村岸艇の本大会唯一の失点となりました。

 第4レースはアウター有利な状況で佐藤/村岸艇が下2番からスタート。もはや誰も追いつけません。1位佐藤/村岸艇、2位石塚/白岩艇、3位山村/吉田艇でフィニッシュ。圧倒的な差を見せ付けて佐藤/村岸艇が総合1位を獲得しました。総合2位は山村/吉田艇、総合3位は石塚/白岩艇でした。

 むずかしい風でしたが素晴らしい運営スタッフに恵まれ、選手のみなさんもレースを満喫できたと思います。今後の注目は誰が佐藤/村岸組の連勝を止めるのか? ますますヒートアップするテーザーセーリングとなっています。


テーザー界の王者、優勝の佐藤/村岸


2012テーザー級オータムレガッタ成績表

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ