データで振り返るセーリング競技「全日本インカレ2015」

  • 06
  • Jan

 昨年11月5〜8日に江の島で開催された「第80回全日本学生ヨット選手権」は、関西学院大の470優勝、鹿屋体育大のスナイプ優勝、早稲田大の総合優勝で幕を閉じましたが、「この大会はどんな大会だったのか?」をデータ化したレポートが、慶応大3年の藤田洸介さん(慶応高コーチ)から届きました。(BHM編集部)

 2015年大会の紹介にはじまり、初日から最終日までの各校の成績・数値を基準に全日本インカレを分析します。こうしたデータをみると、なるほど、勝ったチームの好成績が分かりますね。大学ヨット部のみなさん、データを見ながら大会を振り返り、今年の目標に向かって熱くなってください。2016年の全日本インカレは蒲郡で開催されます。

※1月22〜31日、ヘリーハンセン原宿店と神戸店で「全日本インカレ写真展」(入場無料)が開催されます。また、1月22日にはオープニングイベントとして学生ヨット部の活動をテーマにした「スチューデントナイト」を開催します。詳細は下記を御覧ください。

バルクヘッドマガジン記事:「ステューデントナイト」のご案内

01

03

07

06

08

05

04

10

11

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ