Loading

葉山マリーナヨットクラブが「新しいスタイル」でクラブレースを再開

 7月12日、葉山マリーナヨットクラブ(HMYC)クラブレース再開の第一弾として「第10回 オダギリ杯」が開催されました。2月のMUSTO CUP以来、約5カ月ぶりのレースとなります。 (レポート/HMYC広報)

葉山マリーナヨットクラブで5カ月ぶりのクラブレースがおこなわれました

 当日は梅雨の晴れ間の晴天となり、南寄りの軽風の中、レギュラークラス、モデラートクラス合わせて18艇が烏帽子岩を目指してスタートしました。

 途中、風が落ちる場面もあり、うねりと潮の影響も受けましたが、各艇久々のクラブレースを満喫しました。

 レギュラークラス優勝は〈KAIENTAI〉(Y-33S)、モデラートクラス優勝は〈WAYPOINT〉(Dufour 32C)でした。表彰パーティーは当面実施できませんが、久々に顔を合わせ、挨拶を交わし、マリーナは活気に満ちた1日となりました。

 葉山マリーナヨットクラブの「新しいスタイル」でのクラブレースは、 ウェブエントリー、ウェブ公式掲示板、表彰パーティーもおこなわないため、 何かとコミュニケーションの機会は減り、心配な部分もあります。

 一方、艇長会議もなく朝はゆっくりスタートです。 帰港後もポンツーンで食事を楽しんだり、のんびりと片付けをしたりと、 時間に追われることなくアフターレースのひとときを楽しむことができます。

 今後しばらくは、このような形でチームごとにセーリングやマリーナでの時間をゆっくり楽しんでいくことになります。

 もちろん、 成績はこれまでどおり速やかに集計をおこない即日アップ、写真やレースレポートにも力を入れていく予定です。

2020HMYCクラブレース 第10回オダギリ杯成績表

CATEGORY:  INSHOREKEELBOATNEWS

INFORMATION