Loading

セーリング競技は和歌山で開催。ワールドマスターズゲームズ2021関西

 ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会は、2021年5月14日から開催を予定しているワールドマスターズゲームズ関西の開催時期について、現時点では予定通り準備することを発表しました。東京2020の開催時期変更による影響については、今後、関係団体、競技団体と検討し、東京2020の日程変更決定後、十分見極めて判断するとのことです。(BHM編集部)

30歳上の選手が参加するワールド・マスターズ・ゲームズ関西。写真は健常者と障害者が出場するハンザ303級

 ワールドマスターズゲームズは、国際マスターズゲームズ協会が4年ごとに主宰する、概ね30歳以上のスポーツ愛好者であれば誰もが参加できる生涯スポーツの国際総合競技大会です。

 オリンピックの翌年に開催され、第1回は1985年にトロントで開催され、直近では2017年にニュージーランド・オークランドで開催されました。次回2021年にはアジアで初めて開催されます。

 競技種目は全35競技59種目(他にオープン種目として32競技)あり、国内外から約5万人が参加する予定です。セーリング競技は和歌山セーリングセンターで開催され、種目、日程は下記の通り予定されています。

◎ワールドマスターズゲームズ2021関西・セーリング競技種目
レーザー級
 男子(30歳+、45+、55+、 65+、 75+)
レーザーラジアル級
 男・女(30歳+、45+、55+、 65+、 75+)
テーザー級(2人の合計年齢)
 オープン(60歳+、90+、110+、130+、150+)
ハンザ303(1人乗り)
 オープン(30歳+、45+、55+、 65+、 75+)
ハンザ303(2人乗り、2人の合計年齢)
 オープン(60歳+、90+、110+、130+、150+)
ウインドサーフィン Windsurfer LT.
 男・女(30歳+、45+、55+、 65+、 75+)
ウインドサーフィン Techno293Plus
 男・女(30歳+、45+、55+)
ウインドサーフィン Glide
 男・女(30歳+、45+、55+)

ワールドマスターズゲームズ開催期間
2021年5月14日(金)~5月30日(日) 17日間
セーリング競技開催場所:和歌山セーリングセンター
セーリング競技日程
ウインドサーフィン種目:2021年5月20〜23日
セーリング種目:2021年5月20〜23日、5月27〜30日
参加申し込み:2020年2月〜2021年2月(予定)

CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWS

INFORMATION