Loading

SailGPシドニーで日本3位。豪州とのマッチレース制し英国が優勝

 2月29日、世界最速ヨットレース「SailGP」シドニー大会最終日。日本は3位で全日程を終えました。優勝は、五輪4連覇の実績を持つベン・エインズリーがヘルムスマンを務めた英国。2位には昨季優勝のオーストラリアが続きました。

シドニー大会優勝のGBR。舵輪を持つのがヘルムスマンのベン・エインズリー。新チームとなりいきなりの優勝で今シーズンは熾烈な上位争いとなりそうです。photo by Thomas Lovelock for SailGP

 日本はフリートレースの第4、第5レースでいずれも3位。前日に同ポイントで並んでいたオーストラリアを通算獲得ポイントで上回れず、上位2チームによるマッチレース進出を逃しました。

 ヘルムスマンのネイサン・アウトリッジは「私たちは毎日、学んでいる。昨シーズンとは違う、新たなチーム編成で臨んだことを考慮すれば、3位は素晴らしい結果。期待を超えた」と、収穫を口にしました。第2戦は5月2、3日にサンフランシスコで開かれます。(レポート/日本SailGPチーム)

日本チームは総合3位。上位2艇によるマッチレース進出を逃しました。次回はサンフランシスコ大会です。photo by Bob Martin for SailGP

SailGPシドニー大会成績
1位 英国 47ポイント
2位 オーストラリア 42ポイント
3位 日本 39ポイント
4位 スペイン 31ポイント(規定によりトータルスコアから9点減点)
5位 米国 31ポイント
6位 デンマーク 22ポイント(規定によりトータルスコアから2点減点)
7位 フランス 14ポイント

CATEGORY:  KEELBOATNEWSSailGP
TAG: 

INFORMATION