Loading

五輪RS:X女子日本代表は須長由季に内定。ソレントRS:Xワールド最終日

 2月29日、オーストラリア・ビクトリア州ソレントで開催された「RS:X世界選手権」最終日は、メダルレースの後、フリートレースが1レースおこなわれ、須長由季(ミキハウス)が21位。前日より1つ順位を上げ、東京五輪日本代表に内定しました。

ロンドン五輪に続いて二度目となるオリンピック代表を決めた須長由季

 大会最終日は、不安定な天気予報から午前中にメダルレースを実施。風は次第に弱まり、陸上風待ちの後、6ノット程度の軽風でフリートレースがおこなわれました。

 日本代表選考の結果、選考指定4大会の総合得点から須長由季が日本代表に内定。ロンドン五輪に続き二度目のオリンピックを決めました。

須長由季
「1年かけてやってきた選考がやっと終わった、という気持ちです。代表に決まったことはじんわりとかみ締めています。レース後、(伊勢田選手から)声をかけられ、ジーンときました。いま戦ってきたライバルはロンドンの後から8年間いっしょに戦ってきました。ライバルから声を掛けられてぐっとくるものがありました。でも、レース内容は目標としていた15位に届かず課題が残ります。波のある江の島の海面は比較的に得意な海面。東京五輪では8位入賞を目指します」

RS:X世界選手権最終日はメダルレースの後、1レースおこなわれました
レース海面はシフティでフラット。5〜6ノットの風は最初のブローをつかめるかが鍵となります
小菅寧子コーチ(左2)と新嶋莉奈(右)、原 百花(右2)、須長由季。ソレントワールドは事前練習を共にし、成長してきました。リオ五輪で代表を逃した後の須長はかつてのライバルでもあった小菅(北京五輪代表)をコーチに迎え、セーリングの基礎から再出発。小菅のアドバイスを得て成長できたと話します
大混戦のRS:X男子はメダルレースまで盛り上がりました。優勝はオランダの若手対ベテランの一騎打ちとなり若手のキラン・バドローが勝利。リオ五輪金メダルのドリアンを破り東京五輪オランダ代表を決めました
RS:X女子・最終選考得点
RS:X世界選手権最終日ハイライト映像

RS:X女子 参加46艇 最終成績
1位 Lilian de Geus NED 42p
2位 Charline Picon FRA 51p
3位 Noy Drihan ISR 52p
21位 須長由季 207p
29位 小嶺恵美 271p
30位 伊勢田愛 292.5p
31位 新嶋莉奈 303p
34位 大西富士子 325p
38位 原 百花 350p
43位 松浦花咲実 445p

RS:X男子 参加70艇 最終成績
1位 Kiran Badloe NED 37p
2位 Dorian van Rijsselberghe NED 39p
3位 Thomas Goyard FRA 56p
20位 富澤 慎 143p

CATEGORY:  INSHORENEWSOLYMPICSPECIAL

INFORMATION