Loading

豪サンドリンガムで開幕。レーザー世界選手権初日成績

 2月11日、オーストラリア・メルボルン郊外ロイヤル・サンドリンガム・ヨットクラブで開幕した「レーザースタンダード世界選手権」初日の成績です。大会初日は風向が安定するまで風待ち。午後3時30分から8〜10ノットの風で2レースおこなわれました。日本選手の成績は次のとおりです。予選は13日までおこなわれる予定です。(BHM編集部)


サンドリンガム・ヨットクラブで始まったレーザーワールド。日本6選手により東京五輪最終選考がおこなわれています

レーザースタンダード世界選手権 参加124艇
1. AUS Finn ALEXANDER 3p
2. CRO Tonci STIPANOVIC 3p
3. GER Philipp BUHL 5p
65. 鈴木義弘 48p
90. 北村勇一朗 57p
95. 南里研二 62p
110. 樋口 碧 72p
117. 藤本 拳 77p
124. 瀬川和正 82p

◎2020 ILCA Laser Standard World Championships 成績
http://sailingresults.net/?ID=80326

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWSOLYMPICSPECIAL

INFORMATION