Loading

2月メルボルンではじまる東京オリンピック日本代表最終選考

 2020年夏に開催される東京オリンピックの種目別日本代表選考が、大詰めを迎えようとしています。五輪セーリング競技は10種目あり、日本は全種目の出場を目指しています。選考方法はシンプルで、指定される複数大会の順位で得られる最も高いポイントの選手が代表候補となります。(BHM編集部)


2月はオーストラリア・メルボルンで4種目の日本代表最終選考がおこなわれます。写真は昨年12月オークランドで開催されたナクラ17世界選手権。photo by Junichi Hirai

 代表選考が終わり代表候補が決定しているのは、470男女、RS:X男子、49erFX女子の4種目。日本セーリング連盟が発表した残り種目の代表選考のポイントは、別表を御覧ください(2019年12月21日時点)。

◎東京五輪セーリング競技・日本代表内定選手
470女子 2019年8月決定
吉田 愛/吉岡美帆(ベネッセホールディングス)
470男子 2019年8月決定
岡田奎樹/外薗潤平(トヨタ自動車東日本/九州旅客鉄道)
RS:X男子 2019年9月決定
富澤 慎(トヨタ自動車東日本)
49er女子 2019年12月決定
山崎アンナ/高野芹奈(ノエビア・日本体育大/ノエビア・関西大)

 そして、これから49er男子、レーザー男子、ラジアル女子、ナクラ17男女、RS:X女子の5種目の最終選考が、オーストラリア・メルボルンで開催されます(選考は終わっていますが、同時に49erFX、RS:X男子の世界選手権も開催されます)。

2月6〜15日 メルボルン・ジーロング
 49er、49erFX、ナクラ17世界選手権
2月9〜16日 メルボルン・サンドリンガム
 ILCA レーザースタンダード男子世界選手権
2月21〜28日 メルボルン・サンドリンガム
 ILCA レーザースラジアル女子世界選手権
2月23〜29日 メルボルン・ソレント
 RS:Xウインドサーフィン世界選手権

 4種目の日本代表選考の詳細は、バルクヘッドマガジンが現地からレポートしたいと思います。みなさん、ご注目ください。


東京五輪日本代表選考得点表(2019年12月21日時点)。5月が最終選考となるフィン以外はメルボルンで代表が決まります


メルボルンで開催されるとはいえ大会会場は遠く離れています

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWSOLYMPICSPECIAL

INFORMATION