Loading

激戦ナクラ17日本。オークランド世界選手権4日目フォトレポート

 12月6日、ニュージーランド・オークランドで開催されている49er、FX、ナクラ17の3艇種合同世界選手権。大会4日目から上位下位グループに分かれて戦う決勝シリーズがはじまりました。日本勢で唯一決勝に進んだFXの山崎アンナ/高野芹奈は3レースおこない総合24位。また、49erの古谷/八山は24-20-10位で総合43位へ。3チームがシルバーフリートで戦うナクラ17は梶本/川田と飯束/畑山が僅差の戦いを繰り広げています。(BHM編集部)


オークランドで開催されている49er、FX、ナクラ17世界選手権。写真はナクラ17クラスのスタート。飯束/畑山が好スタートを決めました

49erFX 参加61艇 11R実施
1. BRA Martine SOFFIATTI GRAEL / Kahena KUNZE 40.0p
2. NED Annemiek BEKKERING / Annette DUETZ 51.0p
3. GER Tina LUTZ / Susann BEUCKE 63.0p
24. 山崎アンナ/高野芹奈 139.0p
31. 原田小夜子/永松瀬羅
36. 波多江慶/板倉広佳
58. 松苗幸希/齊藤由莉

49er 参加85艇 12R終了時
1. GER Erik HEIL / Thomas PLOESSEL 39.0p
2. NZL Peter BURLING / Blair TUKE 27.0p
3. FRA Lucas RUAL / Emile AMOROS 71.0p
43. 古谷信玄/八山慎司 147.0p
※高橋レオ/小泉維吹は不参加

ナクラ17 参加52艇 11R終了時
1. ITA Vittorio BISSARO / Maelle FRASCARI 42.0p
2. AUS Jason WATERHOUSE / Lisa DARMANIN 49.0p
3. GBR John GIMSON / Anna BURNET 49.0p
31. 梶本和歌子/川田貴章 126.0p
33. 飯束潮吹/畑山絵里 141.0p
51. 田中航輝/深沢瑛里 238.0p


日本勢で唯一ゴールドフリートに進んだ山崎/高野。若干順位を落としましたが、自身初となるワールド・ゴールドフリートの戦いを経験しています


使用しているレース海面は基本4海面。遠いエリアから順番にD旗があがり出艇していきます


ニュージーランドだけでなく世界のメディアが注目しているのは、同国のスター選手、ピーター・バーリングとブレア・チュークです


49erはドイツが首位を保守。ピーター・ブレア組の追い上げを阻止しています


日本ナクラ17勢で首位に立つ梶本和歌子/川田貴章。現時点では出場国枠を獲得できる順位に位置しています


本日トップフィニッシュを含めて成績をあげた飯束潮吹/畑山絵里


フリートの前に進めず厳しい戦いが続く田中航輝/深沢瑛里


日本の初夏に近いオークランドの気候。日中のヨットクラブは気持ち良い時間を過ごせます


飯束潮吹/畑山絵里


梶本和歌子/川田貴章


日没は午後8時過ぎ。毎日美しい夕焼けが見られます

◎49er、FX世界選手権
https://49er.org/event/2019-world-championship/
◎ナクラ17世界選手権
https://nacra17.org/events/2019-world-championship/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWSOLYMPICSPECIAL

INFORMATION