Loading

20艇の大混戦から抜け出せるか? カウントダウン、リオ・オリンピック(7)49er級

 2000年シドニー五輪から採用された49er級は、いまでは全五輪セーリング10種目の花形といえます。このクラスの特長は、オーストラリアの怪物18フッタースキフのデザイナーであるジュリアン・ベスウェイトが設計していることからも分かるように、巨大なジェネカーを持つハイスピードスキフであること。オリンピックでは、470級やレーザー級よりも多い1日3レース、合計12レース(予選)+メダルレースが予定されています。(BHM編集部)

4J5A7055
牧野幸雄(まきの ゆきお)、写真左。昭和55年5月6日(36歳)、熊本県出身、高浜市立高浜中学校(愛知県)→愛知県立碧南高校→立命館大学、トヨタ自動車東日本所属、184cm、78kg。北京五輪12位、ロンドン五輪18位
高橋賢次(たかはし けんじ)、昭和57年8月21日(33歳)、神奈川県出身、茅ヶ崎市立第一中学校(神奈川県)→神奈川県立茅ヶ崎西浜高校→関東学院大学、トヨタ自動車東日本所属、186cm、77kg。ロンドン五輪18位

 ロンドン五輪以降の49er級は、超絶的なスピードを持つニュージーランドの天下となっています。ピーター・バーリング/ブラー・チューク(ロンドン五輪2位)は、2013年から2016年まで世界選手権4連覇を達成。さらに、アメリカズカップのエミレーツ・チームニュージーランドに大抜擢され、五輪と活動を並行しながら世界のトップセーラーに成長しました。

 同じく、同クラスのヒーローは、オーストラリアのネイサン・アウタリッジ/イアン・ジャンセンです。ロンドン五輪金メダルの彼らもアルテミス・レーシングに所属し、五輪とアメリカズカップを並行活動しています。アメリカズカップの関連から、このニュージーランドとオーストラリアは、49er級で最も注目を浴びているチームです。また、49er級の注目国は、毎五輪前に熾烈な代表争いがおこなわれるイギリスやスペイン、実力派のオーストリアがあげられます。

 3度目の五輪活動をおこなっている牧野幸雄/高橋賢次は、いつしか世界の49er界のなかでベテラン格になりました。牧野と高橋は、北京五輪ではライバル同士で戦いましたが、北京後にチームを結成。日本にライバルチームがいないなかで、世界に戦いを挑むことで成長してきました。

 日本代表に決定したのは、今年3月アブダビでおこなわれたアジア大陸選考でした。本来ならば、それ以前の選考(13、14年の世界選手権)で出場権利を獲得したかったのですが、最終までもつれてしまったことは、五輪までの道のりを考えた時、理想する計画を変更せざるを得ませんでした。

 例えば、最終選考のために費やした数カ月(彼らはアブダビの風の対策として大幅な減量を実施しました)は、欧州勢の活動とは別の流れで取り組んだため、今年に入ってから海外チームとの手合わせができていません。

 そのために「現時点の実力が判断できない」というのが、編集長の正直な評価です。また、49er級の特長ともいえますが、選手の実力差が非常に狭いために順位を安定させるのがむずかしい。49er級のおこなわれるフラットでシフティーなリオのレース海面は、成績が荒れる可能性が高く、ニュージーランドは別格として、そのほかの国は混戦になると予想されます。

牧野/高橋 2013〜2016年までの戦歴
20位 16年7月 49er South American Championship, BRA
29位 16年4月 Sailing World Cup Hyeres, FRA
20位 16年2月 49er World Championship, USA
23位 16年1月 Sailing World Cup Miami, USA
22位 15年11月 49er World Championships, ARG
16位 15年11月 49er South American Championships, ARG
15位 15年8月 Aquece Rio (Rio 2016 Test Event), BRA
34位 15年7月 49er European Championships, POR
25位 15年5月 Delta Lloyd Regatta, NED
9位 15年4月 ISAF Sailing World Cup Hyeres, FRA
20位 15年5月 Trofeo SAR Princess Sofia, ESP
24位 15年1月 ISAF Sailing World Cup Miami, USA
31位 14年9月 ISAF Sailing World Championships, ESP
15位 14年8月 Aquece Rio (Rio 2016 Test Event) , BRA
42位 14年7月 49er European Championship, FIN
1位 14年6月 JSAF Enoshima Olympic Week, JPN
6位 14年6月 Sail for Gold Regatta, GBR
46位 14年4月 ISAF Sailing World Cup Hyeres, FRA
40位 14年3月 ISAF Sailing World Cup Mallorca, ESP
10位 14年1月 ISAF Sailing World Cup Miami, USA
6位 14年1月 49er North American Championships, USA
18位 13年9月 49er World Championship, FRA
3位 13年9月 ISAF Sailing World Championships Test Event, ESP
22位 13年6月 49er European Championship, DEN
11位 13年6月 Kieler Woche, GER
7位 13年6月 Sail for Gold Regatta, GBR
16位 13年4月 ISAF Sailing World Cup Hyeres, FRA
18位 13年3月 ISAF Sailing World Cup Palma, ESP


49級リオ五輪プロモーション動画

49er級エントリー選手一覧(ランキング順)
1. Peter Burling / Blair Tuke(New Zealand)
2. Nico Delle – karth / Nikolaus Resch(Austria)
4. Nathan Outteridge / Iain Jensen(Australia)
5. Dylan Fletcher-scott /Alain Sign(Great Britain)
6. Diego Botin / Iago Lopez marra(Spain)
7. Jonas Warrer / Christian peter Lubeck / (Denmark)
8. Julien D’ortoli / Noe Delpech(France)
10. Erik Heil / Thomas Ploessel(Germany)
11. Ryan Seaton / Matthew Mcgovern(Ireland)
14. Yago Lange / Klaus Lange(Argentina)
16. Lukasz Przybytek / Pawel Kolodzinski(Poland)
18. Ruggero Tita / Pietro Zucchetti(Italy)
21. Jorge Lima / Jose Costa(Portugal)
22. Marco Grael / Gabriel Borges(Brazil)
23. Yannick Lefebvre / Tom Pelsmaekers(Belgium)
24. Pavle Kostov / Petar Cupac(Croatia)
33. Yukio Makino / Kenji Takahashi(Japan)
39. Thomas Barrows, iii / Joseph Morris (US Virgin Islands)
40. Benjamin Grez ahrens / Cristobal Grez ahrens(Chile)
47. Sebastien Schneiter / Lucien Cujean(Switzerland)

◎World Sailing Rio 2016
http://www.sailing.org/olympics/rio2016

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ポール・スチュアート
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWSSPECIAL

INFORMATION