Loading

ソフトバンク・チームジャパン連続3位!ACワールドシリーズ・ポーツマス大会

 7月24日、「ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ(以下「LVACWS」)」の第7戦英国ポーツマス大会、最終日。ソフトバンク・チーム・ジャパンは、第6戦シカゴ大会に続き3位に入り、2戦連続で表彰台に上りました。(レポート/ソフトバンク・チームジャパン)

Racing Day 2 of Louis Vuitton America's Cup World Series Portsmouth
英国ファンが見守る中、6レース中3回のトップで優勝を決めたランドローバー・BAR。photo by ACEA 2016 / Photo Ricardo Pinto

 大会最終日となる24日は風速5〜8m/sと、レース艇AC45Fがフォイリングできる絶好のコンディションとなりました。前日のレースで思うようなスタートを決められず苦しんだソフトバンク・チーム・ジャパンは、この日最初のレースとなる第4レースでもスタートで出遅れ、最後尾から追い上げる展開。なんとか4位でフィニッシュするも、マーク回航時にほかのチームを妨害したとしてペナルティーを受けるなど、ストレスのたまるレースとなりました。

 続く第5レースでは、ようやくスタートに成功。2〜4位のチームが非常に接近した緊張感のある中で、3位でフィニッシュ。最終第6レースを迎える時点で1、2位とのポイント差がやや開いてしまい、ソフトバンク・チーム・ジャパンはエミレーツ・チーム・ニュージーランドとの総合3位争いを意識する状況となりました。

 最終レースではソフトバンク・チーム・ジャパンは、スタート直後の回航マークを3位で通過。その後、エミレーツ・チーム・ニュージーランドと抜きつ抜かれつの3位争いを演じ、フィニッシュ直前でエミレーツ・チーム・ニュージーランドを逆転し、3位でフィニッシュ。6レース通算の総合成績でも3位となり、2大会連続で表彰台に上がりました。

 ポーツマス大会の総合優勝は、地元の大声援を力に変えたランドローバー・BAR。数千人の大観衆の前で行われた表彰式では、英国王室からウィリアム王子とキャサリン妃がプレゼンターとして登壇し、6チームの全選手と握手して健闘を称えました。

 LVACWSのシリーズ序盤には、オラクルチーム・USAとエミレーツ・チーム・ニュージーランド、ランドローバー・BARが3強、ほかの3チームが3弱などと言われることもありましたが、開幕から1年を経て、ソフトバンク・チーム・ジャパンは、その勢力図を確実に塗り替えつつあります。

 なお、LVACWSの通算成績は、ソフトバンク・チーム・ジャパンは大会前の5位から、アルテミス・レーシングを逆転して4位になりました。2大会連続で表彰台に上がったソフトバンク・チーム・ジャパンの次の戦いは、9月のフランス・トゥーロン大会、そして11月の福岡大会へと続きます。

【英国ポーツマス大会終了後のコメント】
早福和彦総監督兼選手
「今大会はトライアルレースを含め、3日間しっかりレースをすることができ、非常に充実した大会になりました。トップフィニッシュはありませんでしたが、ヨットレースはコンスタントに成績を残すことが大事です。細かいミスもありましたが、操船やクルーワークがスムーズにできるようになり、船が失速しなくなったことで、混戦から頭一つ抜け出せるようになりました。1年前と比べて確実に進歩していると思います。今回も表彰台に上がることができたのはうれしいですが、次は違う色のメダルが欲しいですね」

ディーン・バーカー艇長
「今日は昨日よりも風が強く、潮の流れもあり、レースコースも狭く、難しいコンディションでしたが、全体を通して悪くないレースができたと思います。スタートで出遅れたこともありましたが、短いコースの中で順位を上げられたことは自信につながりました。もちろん、3位という順位に満足しているわけではありませんが、良いチームを作るにはそれなりの時間が必要で、現実的に見ればチーム発足時から明らかに進歩しています。この大会後、チームは10日間の夏休みに入ります。リフレッシュして、着実にチームを強くしていくことに集中していきます」

16.07.25_01
ポーツマス大会成績

Racing Day 2 of Louis Vuitton America's Cup World Series Portsmouth
ソフトバンク・チームジャパン。photo by ACEA 2016 / Photo Ricardo Pinto

23/07/16 - Portsmouth (UK) - 35th America's Cup 2017 - Louis Vuitton America's Cup World Series Portsmouth - Racng Day 2
本大会ではリオ五輪を控え、アルテミス・レーシングのネイサン・アウタリッジ、エミレーツ・チームニュージーランドのピーター・バーリングが出場せず。代わりに、フレンチェスコ・ブルーニ、グレン・アシュビーがヘルムスマンを務めました。ヘルムスマンの変更は成績に大きく影響して、両チームとも振るわず。編集長の個人的な意見は、モスワールドで優勝したポール・グッディソン(GBR)が選ばれたら英国ファンがよろこんだと思いますが、ロックスター揃いのアルテミスゆえレギュラー選びは難航するのでしょう。photo by IAN ROMAN / TEAM ORIGIN


ダウンウインドスタート。緊張の場面です。photo by ACEA 2016 / Photo Ricardo Pinto


レースを観戦するケンブリッジ公。ウイリアム王子、キャサリン妃は、セーラーでもあり、以前2艇別々に乗り込み、双方ヘルムスマンでAC72対決したことがあります。photo by ACEA 2016 / Photo Ricardo Pinto

Racing Day 2 of Louis Vuitton America's Cup World Series Portsmouth
ソフトバンク・チームジャパン。日本選手は前回と同様に早福選手が乗り込みました。photo by ACEA 2016 / Photo Ricardo Pinto

Racing Day 2 of Louis Vuitton America's Cup World Series Portsmouth
表彰を受けるソフトバンク・チームジャパン。photo by ACEA 2016 / Photo Ricardo Pinto

Final double points day of the Americas Cup world series Portsmouth. 24th of July, 2016, Portsmouth, UK
アルテミスレーシングとオラクルチームUSA。photo by Sander van der Borch / Artemis Racing

The Louis Vuitton America's Cup World Series in Portsmouth
ポーツマス大会を観戦に訪れたセーリングファン

SoftBank Team Japan - Louis Vuitton America's Cup World Series Portsmouth
ソフトバンクチームジャパン。photo by SoftBank Team Japan

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ポール・スチュアート
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  INSHORENEWS

INFORMATION