Loading

真夏の稲村ケ崎沖でファイアーボール級ミッドサマーレガッタ開催

 7月25、26日、神奈川県稲村ケ崎沖で「ファイアーボール級ミッドサマーレガッタ」が開催されました。まさにミッドサマーの名にふさわしい真夏日となったこの2日間、初出場の選手も含め7艇で全8レースが実施されました。(レポート・写真提供/齋藤智子、日本ファイアーボール協会)

15.07.31_05
7艇で競われたファイアーボール級ミッドサマーレガッタ

 軽風の中始まった第1レースは、スプリングレガッタのリベンジに燃える加藤/熊谷がトップでフィニッシュ。その後ろに黒田/佐藤、下間/鶴本と続きます。ほんの少し風が入ってきた第2レース目は、齋藤/伊藤が第1マークのトップをキープし、そのままフィニッシュ。2位に加藤/熊谷が入りました。

 3レース目は再び加藤/熊谷がトップを取りますが、続く第4レース目は4位と順位を落としてしまいます。この第4レースでは、上マークを2位で回航した下間/鶴本が、サイドマークで順位を上げトップでフィニッシュしました。

 予定されていた4レースを順調に消化し、初日は加藤/熊谷がトップ、2位に齋藤/伊藤、3位に下間/熊谷という結果で終えました。

 前日よりもさらに風が落ちてしまった2日目。この日は石井/高松が加わり、7艇でのレースとなりました。

 第5レース目、好スタートを切ったのは下間/鶴本です。前を走る加藤/熊谷をフリーで抜きトップフィニッシュ。この日の朝、急遽出場が決まった石井/高松は、即席チームでしたが第5、第6レースと3位につけます。

 時間が経つにつれどんどん風が落ちてしまう中、運営の皆さんから選手みんなにドリンクの差し入れをいただきながら風待ちしたのち、第7レース目を実施。

 最終レースは、松島/森が上マークをトップで回航。2位に下間/鶴本が続きます。加藤/熊谷は5位での上マーク回航と遅れを見せましたが、下マークでしっかり2位まで順位を上げ、その順位をキープしフィニッシュ。今回のレガッタはベテラン加藤/熊谷が制しました。

 厳しい暑さの中、運営にご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

 ファイアーボールの選手は、レースに真剣なのはもちろんのことですが、終わったあとの打ち上げでは、みんな本当に仲が良く、和気藹々と盛り上がれるのもこのフリートの魅力だと思います。ワールドに参加できるチャンスもあるクラスなので、トラピーズボートが恋しくなってきた方はもちろん、乗ったことのない方でも興味のある方は大歓迎です。ぜひお気軽にご連絡ください!

◎日本ファイアーボール協会フェイスブック
https://www.facebook.com/fireballjapan

15.07.31_03
2日間で8レース実施。風は軽風でしたが満足のミッドサマーレガッタとなりました

15.07.31_04
優勝の加藤/熊谷

15.07.31_02
2015ファイアーボール級ミッドサマーレガッタ成績

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ポールスチュアート
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWS

INFORMATION