Loading

11年ぶりに復活!アウディ・ニッポンカップ

 3月21日、22日、葉山マリーナで「Audi NIPPON CUP」が開催されました。ニッポンカップは、国際マッチレースイベントとして葉山でおこなわれていたヨットレースです。この大会が、相模湾のクルーザーレースとして名前を受け継ぎ、11年ぶりに開催されることになりました。新生ニッポンカップは、春と秋のシリーズ戦で年間総合成績を競います。(BHM編集部)

 クラスはIRCを3グループに分け、さらにワンデザインのアウディメルジェス20クラスも併催されました。コースは同海面ながらも、メルジェス20用に短く設定した上マークを設けるなどのアイデアを取り入れられました。

 レースは、弱めながらも風に恵まれて、2日間で予定されていた5レースを実施しました。軽風戦を制したのは、Aクラスは〈KARASU〉(KING40)、Bクラス〈FELLOWS〉(YAMAHA33S)、Cクラス〈CAVOK〉(BEN FIRST35)、メルジェス20クラス〈LIBECCIO〉です。

 春先に登場した相模湾の新レースは、ウォーミングアップの要素を備えながらも、しっかりしたレース内容とホスピタリティ、連日のにぎやかなパーティーに選手たちは大満足。毎月多くのクラブレースを主催する葉山マリーナヨットクラブの底力を感じました。

 また、最終日の夜、横浜みなとみらいのアウディ・ショールームに移動しておこなわれた表彰セレモニーも、いつもとは違った洒落た雰囲気で大会に華を添えました。次回の「Audi NIPPON CUP」は、11月22、23日に開催されます。

◎Audi NIPPON CUP
http://www.hmyc.or.jp/nc2015/

◎バルクヘッドマガジン・フォトギャラリー
Audi NIPPON CUP 初日
Audi NIPPON CUP 2日目

7Z7A4111
装いも新たに再開されたニッポンカップ。最終レースは風待ちの後スタート。南風が入って絶好のセーリングコンディションになりました。photo by Junichi Hirai

7Z7A1991
激戦のIRC Bクラスで優勝した〈FELLOWS〉。2日目に逆転優勝を決めました。photo by Junichi Hirai

7Z7A2576
相模湾のクルーザーレーサー31艇が集まったニッポンカップ。3月名物レガッタへの成長が期待されます。photo by Junichi Hirai

7Z7A2902
6艇が出場したアウディ・メルジェス20クラス。毎月練習会を開くなど熱意あるセーラーがたくさんいます。photo by Junichi Hirai

7Z7A3028
メルジェス20クラス優勝は、ディンギー界で知名度が広がっているガルフネットチームの〈LIBECCIO〉。近藤、西宮、波田地の3選手が乗り込みました。photo by Junichi Hirai

7Z7A3852
IRC Aクラス優勝は関東の雄〈KARASU〉。安定のクルーアクション、さらに船の特性を活かせる好条件の風だったこともあり圧勝でした。photo by Junichi Hirai

7Z7A4197
日曜夜におこなわれた表彰セレモニーは横浜みなとみらいのアウディショールムに移動しておこなわれました。新鮮です!photo by Junichi Hirai

7Z7A4235
ショールームだけあってアウディがズラリ展示されています。パーティーは営業時間が終わってから貸し切りでおこなわれました。photo by Junichi Hirai

7Z7A4240
横浜みなとみらいの観覧車とアウディショールーム。相模湾から近いとはいえませんが、たまにはこんなセレモニーも良いですね。photo by Junichi Hirai

7Z7A4165
Cクラス優勝の〈CAVOK〉。「同型艇の〈ADONIS〉が運営で出場しなかったから優勝できたようなもの。秋のレースで勝負したい」と白岩オーナー/ヘルムスマン。photo by Junichi Hirai

G0017307
大会会場となった葉山マリーナ。2日間のビッグイベントとなりました。photo by Junichi Hirai

4J5A6594
第3レースでは大量DNFが出る場面もありましたが、軽風ながらも全5レースを実施。最後はカットレースまでできるレース数をこなしました。photo by Junichi Hirai

4J5A7483
女性クルーが多いのが特長の〈FELLOWS〉。第4、5レースを連続トップで優勝を決めました。photo by Junichi Hirai


Audi NIPPON CUPダイジェスト映像。制作:デイリーセーリング

15.03.23_result
2015 Audi NIPPON CUP Spring 成績

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  INSHORENEWS

INFORMATION