Loading

22日開幕!蒲郡ラジアル全日本プレビュー

 来る11月22日より愛知県 豊田自動織機 海陽ヨットハーバーで「レーザーラジアル級全日本選手権大会」が開催されます。ホストであるレーザークラス中部フリート連合を代表し、永井久規がレーザーラジアル級の紹介と、今大会の注目選手・展望を解説します。(文/永井久規・元レーザー級ナショナルチーム)

14.11.18_02
いま日本で最も熱いシングルハンドクラスのレーザーラジアル級。今年も激戦が予想されます。写真は2008年蒲郡大会より。photo by Junichi Hirai

レーザーラジアル級とは?

 レーザー級のセールを一回り小さくすることでユースや女子向けに開発された種目で、セールにラジアルカットが採用されていることが名前の由来です(開発当時は画期的なデザインだったと思います)。

 適正体重が60〜70kg程度と言われており、狙い通りユースや女子を中心に世界で爆発的に普及が進み、2008年の北京五輪より女子シングルハンドのオリンピック種目に採用されています。また、ISAFユースワールドの男女種目にも採用されています。

 日本人の体格にも適合しやすいことから国内でも普及がすすみ、2009年には佐賀県唐津で世界選手権も開催されました。来年の和歌山国体より成年女子、少年男女の3種目にも採用され、今後もますます注目される種目です。

全日本の注目選手

 リオ五輪を目指す「大人の女たち」として、ロンドン五輪代表の土居(江ノ島F・慶大)を筆頭に、女子ナショナルチーム軍団が勢揃いします。

 昨年大会(淡輪)チャンプの蛭田(津F・豊田自動織機)、3週間前に開催された全日本女子(境港)チャンプの冨部(江ノ島F)、長崎国体優勝の原田(和歌浦F・長崎県体協)、元ナショナルチームの長谷川(津F・豊田自動織機)、和歌山国体に向け強化する多田(和歌浦F・和歌山SC)などが出場。

 面白いことに、レーザー級(スタンダード)でリオ五輪を目指す「大人の男たち」も参加します。現役ナショナルチームの南里(唐津F・アルバトロスYC)や、2014年世界選手権代表の瀬川(大阪北港F)が国内最多エントリー(74艇)を誇るラジアル級での経験を求め、出場を決めました。

 ユースでは、2015オーストラリアユース選手権代表を決めた男子の豊島(光F・大島商船高専)、児玉(蒲郡F)、女子の林(若洲F・日本工業大駒場高校)などが参加し、「若い力」を発揮します。

 また、韓国より7選手が出場する。ユースが主体で実力が未知数だが、韓国のレーザーセーラーはフィジカルが強い選手が多いので、強風に実力を発揮するかもしれない。

 35歳以上のアプレンティスを含むマスターズの「おじさん」たちにも注目です。平日はレーザーを作り、週末はレーザーに乗る粟野(逗葉F)、日本一(?)の練習量を誇る五十嵐(材木座F)など、レーザーのレースの楽しさを知るからこそアツく、そして夜(レセプション)も力を発揮するマスターズの選手が大会の根底を支えます。

ラジアル全日本2014の展望

「蒲郡は裏切らない」と強風のイメージが強い蒲郡ですが、季節は晩秋であり強風シリーズになるとは限りません。3日間の大会期間を考えると、軽風から中・強風までオールマイティに戦える選手が有力になるでしょう。

 優勝候補はやはり土居で、課題の強風もスピードを上げ、どの風域でも戦えるのが強みだ。12月の選考レースに向け調整が進む、蛭田、冨部、原田などがどこまで土居に迫るかに注目だ。

 南里、瀬川は女子よりも体重が15kg以上重く、強風になれば圧倒的な速さが期待できるが、逆に中風以下では苦戦が予想され、シリーズでトップに絡むのは厳しいと予想する。190cmを超える巨体に似合わず「軽風・ラジアル好き」を豪語する南里が女子NT軍団に食い込むか?

 ユースは、中風以上になると大人たちに比べパワー・ハンドリングの面で差があるものの、軽風域ではトップ戦線にからみ、シリーズのスコアに波乱を加えてくれるでしょう。1レース毎に経験を積み、大人達をギャフンと言わせてください。

 以上で、解説を終わりたいと思います。

 良いコンディションに恵まれることを期待するとともに、選手の皆さんに喜んでもらえる大会にしたいと思います。皆さん、お気をつけてお越しください。

レーザークラス協会中部フリート連合
知多フリート・豊田合成
永井久規

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ポール・スチュアート
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
入船鋼材
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
Velocitek
銚子マリーナ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWSSPECIAL

INFORMATION