Loading

後藤浩紀二連覇!葉山モス全日本選手権

 10月25、26日に浜名湖ビーチスマリーナで開かれたモス全日本は、無風のため1レースも行われず、今回11月9日に日程変更して行う事が多数決で決まりました。(レポート/勝元一也)

 しかし、直前になり9日は無風の予報だから、前日の8日に変更してはどうだ? とモス協会のメーリングリストで意見が集まり、これまた多数決により、急遽前日の8日に決まり15艇がエントリーしました。

 そして当日、予報通り風が吹き6〜9m/sの風の中、5レースを行うことができ、参加選手達はストレス解消するかのように葉山の海をフォイリングしていました。

 チャンピオンの後藤さんは、ぶっちぎりの一人旅で寂しかったと思いますが、他の選手達は、レグごとに順位が入れ替わる緊迫したレースをしていました。

 私は、今回学生最後(関東学院大学4年)のモス全日本なので、しっかりと練習をして参加しました。2位を獲得でき、とても嬉しいです。全身筋肉痛ですが(笑)。

14.11.11_02
開催日が確定したのは前日のお昼という滅茶苦茶な決定に関わらず15艇も集まったモス全日本。2016年5月には葉山で世界選手権が開催されます。photo by Junichi Hirai

14.11.11_03
全レーストップと面白みに欠けましたが、あっぱれ完全優勝を決めた後藤浩紀。1月の豪ソレント世界選手権でどこまで戦えるか注目です。photo by Junichi Hirai

14.11.11_04
2位は3位と同ポイントで勝元一也。現役大学生の彼は時間を有効に使って飛びまくっています。photo by Junichi Hirai

14.11.11_05
練習不足だったという阪間俊文は3位。2位以下は熾烈な戦いでした。photo by Junichi Hirai

14.11.11_06
女子優勝の田畑和歌子。モスに乗り始めて数カ月ですがメキメキ上達しています。photo by Junichi Hirai

14.11.11_07
全員集合。家族や子供たちも参加してなんともアットホームな雰囲気です。photo by Junchi Hirai

14.11.11_01
2014モス全日本成績表

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ポール・スチュアート
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
入船鋼材
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
Velocitek
銚子マリーナ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWSSPECIAL

INFORMATION