Loading

デストップニュース/2013年49号

 世界のヨットレースを紹介するデストップニュース最新号です。トップニュースは、先週マレーシアで開催されたワールドマッチレーシングツアー最終戦、モンスーンカップから。優勝はニュージーランドのフィル・ロバートソン。年間タイトルは、イアン・ウィリアムス(GBR)の連覇を阻止した若きアメリカセーラー、テーラー・キャンフィールド(ISV)が獲得しました。(BHM編集部)


デストップニュースの特集はモンスーンカップ。ほかに続々とフィニッシュする大西洋横断のトランサット650(ミニトランサット)、トランサット・ジャッキーヴァーブが紹介されています

 1989年生まれ(24歳)のテーラー・キャンフィールドと1987年生まれ(26歳)のフィル・ロバートソンの活躍が印象的だったモンスーンカップ。キャンフィールドはアメリカで活躍してきたセーラーで、昨年のモンスーンカップ優勝をステップに、シカゴマッチカップ優勝、コリアンマッチ2位など今年大暴れした選手です。

 彼の経歴を振り返ってみるとユース時代は、2006年のISAFユースワールド(ウエイマス)では420級で21位、2007年のISAFワールド(カスカイス)では470級で89位といういまひとつの成績。2008年からマッチレースへ進み、今年ついに世界のトップマッチレーサーが集まるワールドマッチレースツアーで年間優勝を果たしました。

 また、フィル・ロバートソンは、RNZYS(ロイヤルニュージーランドヨットスコードロン)のユーストレーニングプログラム出身で、AC45によるアメリカズカップ・ワールドツアーでチャイナチーム(中国)のヘルムスマンに抜擢された実力派。世界の若手マッチレーサーは、着実に成長してきています。

 しかし、昨今のワールドマッチレースツアーは過渡期を迎えています。トップマッチレーサーがアメリカズカップへ移行し、長年マッチレース界を牽引してきたピーター・ギルモア(AUS)が引退。また、ツアー数が減って、現在、開催地はドイツ、韓国、スウェーデン、アメリカ、バミューダ、マレーシアの6大会となっています。

 先日、モンスーンカップにアンパイアで招かれたインターナショナルアンパイアの田中正昭さんに聞いたところ、賞金の高い韓国、モンスーンカップ、コリアンマッチを除いて、欧州のイベントはやや縮小ムードを感じられるとのこと。また、ISAF主催のネーションズカップでも参加選手が集まりにくいという問題を抱えていて、ネーションズカップをユース大会にしようか、というアイデアも出されているとか。

 いずれにせよ、マッチレース界の変革とともに日本選手にもチャンスが巡ってくる可能性が高いとも考えられます。世界のマッチレースの動向に注目です。

13.12.05_02
イアン・ウィリアムスを破り初の年間優勝を獲得したテーラー・キャンフィールド。photo by onEdition 2013

Monsoon Cup 2013 成績
1. Phil Robertson (NZL) WAKA Racing
2. Ian Williams (GBR) GAC Pindar
3. Taylor Canfield (ISV) USone
4. Mathieu Richard (FRA) GEFCO Match Racing Team
5. Bjorn Hansen (SWE) eWork Sailing Team
6. Adam Minoprio (NZL) Team Alpari FX
7. Francesco Bruni (ITA) Luna Rossa
8. Keith Swinton (AUS) Black Swan Racing
9. Pierre-Antoine Morvan (FRA) Vannes Agglo Sailing Team
10. Johnie Berntsson (SWE) Stena Sailing Team
11. David Gilmour (AUS) Team Gilmour
12. Jeremy Koo (MAS) Team KFC – MYA/KRT

Alpari World Match Racing Tour 2013 年間成績
1. Taylor Canfield (ISV) USone
2. Ian Williams (GBR) GAC Pindar
3. Phil Robertson (NZL) WAKA Racing
4. Bjorn Hansen (SWE) eWork Sailing Team
5. Adam Minoprio (NZL) Team Alpari FX
6. Keith Swinton (AUS) Black Swan Racing
7. Mathieu Richard (FRA) GEFCO Match Racing Team
8. Johnie Berntsson (SWE) Stena Sailing Team

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
銚子マリーナ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  INSHORENEWSOFFSHORE

INFORMATION