Loading

明日最終決着なるか?佳境アメリカズカップ

 アメリカズカップ8日目、9月18日。前日に予定されていたレースは強風で延期されたため、本日第11レースからおこなわれます。残り2勝でチームニュージーランドのカップ奪還。もしや本日の2レースで決着がつくかもしれない緊迫の場面です。(BHM編集部)

チームニュージーランドが常時先行した第11レース

 第11レースはスタートからニュージーランドが相手をコントロール。一旦、風上へのぼらせて有利ポジションを確定させてからスタートダッシュを決めて第1マークへ。しかし、オクラルチームUSAも必至で食らいつきます。その差は1回のタックミスで逆転する100〜150メートル以内。シフトがあったアップウインドレグでは、前に出る場面もありますが、ニュージーランドが先にマークをまわります。

 オラクルの走りが素晴らしかったのは、データでもわかります。アップインド、ダウンウインドともに、走行距離は短く、ニュージーランドよりも素晴らしいコースを選択していました。しかし、ニュージーランドはオラクルの猛追を抑え、第4マークまで1度も前を切らせることなく15秒差でフィニッシュ。勝負に王手を掛けました。

 続く第12レースは、スタートして第1マークを回航しますが、風が20ノットを超える強風となったためにレースはキャンセルされました。次のアメリカズカップは19日(日本時間20日早朝)におこなわれます。チームニュージーランドが勝負を決める運命の日になるでしょうか? それともオラクルが踏ん張るのか?

34th America’s Cup Standings (first to 9 points wins)
Emirates Team New Zealand – 8
ORACLE TEAM USA – 1

Race 11 Performance Data
Course: 5 Legs/10.16 nautical miles
Elapsed Time: ETNZ – 23:41, OTUSA – 23:56
Delta: ETNZ +:15
Total distance sailed: ETNZ – 11.7 NM, OTUSA – 11.5 NM
Average Speed: ETNZ – 29.88 knots (34 mph), OTUSA – 29.04 knots (33 mph)
Top Speed: ETNZ – 44.57 knots (51 mph), OTUSA – 42.70 knots (49 mph)
Windspeed: Average – 15.4 knots, Peak – 18.0 knots
Number of Tacks/Jibes: ETNZ – 10/6, OTUSA – 10/8 ======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  Americas cupFOILINGINSHORENEWS

INFORMATION