Loading

ニュージーランド、キャプサイズ寸前!

 9月14日、チームニュージーランド6勝、オラクル0勝で迎えたアメリカズカップ5日目第8レースは、風速18ノット強の強風戦となりました。第1マークからニュージーランドリードで戦いが進みますが…。(BHM編集部)

 アップウインドレグのタッキングマッチで、オラクルがすばらしいコース引きを見せてニュージランドに肉薄。さらに、接近戦のなか、ニュージランドがタッキングミス! あわやキャプサイズという大トラブルとなり、オラクルが逆転勝利しました。

 オラクルはこれで2勝していますが、レース前のペナルティーにより(マイナス2点)、正式なポイントは0勝となります。しかし、結果はキャプサイズが原因でしたが、ニュージーランドのミスを誘った、オラクルの戦略は見事な内容でした。

 また、第9レースは風速が上がり過ぎたためにレースはキャンセルされました。次回のアメリカズカップは、明日15日におこなわれます。


チームニュージーランドがタッキングミスで沈寸前。オンボードからは「ハイドロ、ハイドロ、ハイドロ!」の叫び声が聞こえます。人的な問題か? もしくはダガーボードを上げ下げ、前後させる油圧(クルーがグラインダーでプレッシャーをかけています)トラブルでしょうか


問題のキャプサイズ寸前シーン

Emirates Team New Zealand – 6
ORACLE TEAM USA – 0

Race 8 Performance Data
Course: 5 Legs/10.16 nautical miles
Elapsed Time: OTUSA – 23:09, ETNZ – 24:01
Delta: OTUSA +:52
Total distance sailed: OTUSA – 11.4 NM, ETNZ – 11.7 NM
Average Speed: OTUSA – 29.90 knots (34 mph), ETNZ – 29.32 knots (34 mph)
Top Speed: OTUSA – 44.58 knots (51 mph), ETNZ – 47.02 knots (54 mph)
Windspeed: Average – 16.6 knots, Peak – 19.6 knots
Number of Tacks/Jibes: OTUSA – 8/8, ETNZ – 9/7

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  INSHORENEWS

INFORMATION