Loading

45艇集合!葉山沖シーホッパー全日本開催

 9月6〜8日、神奈川県葉山で第39回シーホッパー級全日本、第23回シーホッパー級SR全日本が開催されました。北は北海道から西は大阪まで全45艇の老若男女が集まり、日本一の栄冠をかけて熱戦を繰り広げました。(文/写真:日本シーホッパー協会)


葉山で開催されたシーホッパー全日本。若手からベテランまで揃い、2日間で7レースを戦いました

 初日は良い天気に恵まれ、微軽風コンディションで3レースを実施。レギュラークラスは城航太選手が3-1-1位と安定した順位で暫定トップに立ちます。2位にはベテラン杉山武靖選手、3位は昨年度チャンピオンの永井久規選手と実力派が続きました。

 SRクラスは、松苗幸希選手が1-1-6位で暫定トップに。2位には遠藤紅葉選手、3位北村勇一朗選手と、ともにユース選手が健闘しました。
 
 夜には逗子マリーナでレセプションパーティーを開催。海の見えるプールサイドのレストラン2Fを借り切った素晴らしいロケーションの中、各フリートの紹介や毎度恒例の豪華景品が当たる大抽選会が開催され、選手達は大いに盛り上がりました。


 レース最終日は曇り、雨の中で、マックス8メートル前後の良い風に恵まれ4レースを実施。レギュラーでは初日好調だった城選手が1-1-2-2位と、カットレースが3位というスコアでぶっちぎりの優勝を決めました。2位には永井久規選手が2-2-4-1位で杉山選手を逆転。杉山武靖選手は3位ながらマスタークラス優勝を飾りました。


 SRは強風コンディションの中、浜名湖の北村勇一郎選手が1-1-1-2と、こちらも完璧なスコアで逆転優勝。松苗幸希選手は3点差で2位になりましたが女子優勝を獲得しました。3位には強風コンディションを得意とする冨部柚三子選手が2点差まで追い上げる健闘を見せました。

 来年は北海道・小樽で8月29〜31日に開催されます。皆さんがんばって貯金して、ぜひ小樽全日本にご参加ください。海の幸が待っています!


全員集合!来年は小樽開催です
 
◎シーホッパー級全日本選手権 上位成績
シーホッパー級
1位  城 航太(SPN)   (3)-1-1-1-1-2-2 8p
2位 永井久規(豊田合成) 4-(5)-2-2-2-4-1 15p
3位 杉山武靖(静岡ガス)2-4-4-3-(8)-1-4 18p(マスターズ1位)
4位 廣瀬一貴(材木座) 5-7-(15)-5-7-5-3 32p
5位 水野本(相良)   (7)-2-7-6-6-7-5 33p
6位 高村幹治(山中湖) (18)-6-8-7-4-3-9 37p


シーホッパー級SR
1位 北村勇一朗(浜名湖) 3-(6)-3-1-1-1-2 11p
2位 松苗幸希(北海道連) 1-1-(6)-3-3-3-3 14p(女子1位)
3位 冨部柚三子(東京都連)7-RET-2-2-2-2-1 16p
4位 遠藤紅葉(ユースチーム東京)2-(7)-1-6-5-4-6 24p
5位 小林紫帆(材木座)  4-8-(9)-7-6-6-4 35p
6位 阿部航洋(山形県連) 8-11-(13)-4-4-5-5 37p
 
グランドマスターズ
優勝 坂和伸賢

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWS

INFORMATION