Loading

さよなら大好きハワイ。日本に向けて出発!

 トランスパックヨットレースという大仕事を終えたベンガルは、再び太平洋の旅へ。デリバリー班はハワイ・ホノルルを出発し、小笠原・父島へ向かいます。母港である三河湾・蒲郡へは8月末頃に到着とのこと。さあ、昨年11月から日本に戻っていない〈ベンガル7〉の最後の旅がはじまります!(BHM編集部)

ベンガル・デリバリーレポート(43)
ホノルル

7月28日『オープンボート・パーティと買い出し』


さてさて、船の大きな修理も小さな修理も大方終わり、春に係留していたワイキキヨットクラブに移動しました。(文/寺尾まゆこ、写真/チーム・ベンガル)


いつもなら、お世話になった方々をゲストセーリングに招くのですが、今回はパルピットの修理やトロピカルストームの予報があったため実現できず。それでもなんとか感謝の気持ちを、ということでオープンボート・パーティを開催。


下ごしらえはわたし、調理はみんなで、とバッチリのクルーワークで素麺とお好み焼き、そして日本のビールでおもてなし。みんなとっても喜んでくれました。ちなみに、素麺を浮かべるのに使った水は、レースの時のエマージェンシーウォーター。


自分たちにとっては普段当たり前のように乗っている船ですが(もはや暮らしていると言ったほうが正しいなぁ。。。)リフティングキールや油圧システム、カーボンでできた内装など、みんなにとって興味深いものなんだなぁと実感。船内ツアーだけでもこんなに喜んでもらえてよかったです。


そして夕方、涼しくなってから買出し第1弾。お菓子を真剣に選ぶ大人2人。お菓子、大切です。特にダウンウインドでは。


今回はプラスアルファも含め5人×30日の計算。カート6個分だ!


そして、前回ロングビーチへの回航の時もレシートが長くて写真載せましたが、今回はさらに長かったです! お店の人も3人がかりでレジやってくれました。

月曜から火曜にかけてFossieというトロピカルストームがハワイ諸島沖にやってきます。これが通過したら、31日(ハワイ時間)に日本に向けて出発します!

7月31日『最終レグに出港。さよならハワイ』


ハワイ時間7月31日11時過ぎ、〈貴帆〉が出港した1時間くらいあとにホノルルを出発しました。とうとうこの太平洋一周キャンペーン最後のレグです。

今回はハワイにとっても長く滞在したこともありハワイを出発するのが寂しくて嫌で嫌でたまらなく、それに11月から続いた安藤一座の回航もこれで終わりかと思うとあまり気のすすまない出航でした。

が! 20ノットオーバーのダウンウインドの中セーリングしてると海出てよかったー! とテンションが一気に上りました。

さて、今回の回航メンバーはお馴染みの5人です。安藤さん、ケンさん、古川さん、じんさん、まゆこ。 色々書きたいことはあるけれど、今日はハワイ沖の海を堪能したいので、この辺で〜。

◎ベンガル・デリバリーレポート
(42)トランスパック表彰式。みんなおめでとう!
(41)ベンガル、ホノルルにフィニッシュです!
(40)続々フィニッシュ!ホノルル24時間体制です
(39)ベンガルスタート、いってらっしゃーい!
(38)ベンガル、焼肉と日本料理を堪能しました
(37)みんながんばろう!センドオフパーティー
(36)ONとOFF。トランスパックの準備は続く!
(35)ベンガル。スタート準備が着々と進んでます
(34)任務完了!マリナデルレイに到着しました
(33)やった!ロサンゼルスまで残り720マイル
(32)本格的な寒さ到来。便座が冷たいのです
(31)太平洋上で「太平洋ひとりぼっち」を読む
(30)太平洋の船の上で天気の勉強しています
(29)ベンガル、ただいまハワイから北上してます
(28)太平洋横断中!ベンガルレポート再開です
(27)知ってる?ハワイのラビットアイランドレース
(26)ベンガル回航チーム任務完了!一旦解散です
(25)ハワイはいいわー。到着した時の写真を紹介
(24)アロ〜ハ!ワイキキヨットクラブに到着!
(23)ハワイ沖、野生の鳥がヨットにぶつかるなんて
(22)到着は16日? ハワイまで1000マイルです!
(21)恐怖! 飛んできたイカが目に突き刺さる?
(20)赤道通過直前、カツオを釣り上げた!
(19)ベンガル、晴れ空の下、水虫の薬を研究する
(18)タヒチ出港。2400マイル先のハワイへGO!
(17)入国手続に手間取り…。パペーテのベンガル
(16)楽園タヒチ、18日ぶりの上陸を満喫します!
(15)ついに到着目前、タヒチが見えてきたぜっ!
(14)ベンガル南太平洋北上。キャビンがムシムシ
(13)バンザイ!タヒチまで1000マイル切りました
(12)南太平洋上、雨水を貯めてシャワーを浴びる
(11)夜空の星座を眺めながら今の自分を考えた
(10)マグロを釣る夢を見て、よだれを垂らす
(9)ヨットの上で、地球って不思議だなぁと思う
(8)イルカの群れと走り、満点の星空を眺める
(7)次はタヒチへ。ベンガル、再び出港準備です
(6)ニュージーランドで温泉を探す旅に出る
(5)ウェリントンのチャファーズマリーナ
(4)1200マイル走破!ウェリントン到着しました
(3)シドニー沖。荒れた海でクジラと接近遭遇
(2)シドニー最後の夕日は、きれいでした
(1)出港直前。ベンガル回航一座、出港準備です
(0)南太平洋デリバリーレポートはじまります!

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  NEWSOFFSHORESPECIAL

INFORMATION