Loading

続々フィニッシュ!ホノルル24時間体制です

ベンガル・デリバリーレポート(40)
ホノルル

7月19日『ラガマフィン・ウェルカムパーティー』

貴帆、クレセント、テンクォーターの応援団がホノルルへ到着しました!(文/寺尾まゆこ、写真/チーム・ベンガル)


ホノルルヨットクラブ(HYC)では、フィニッシュしたラガマフィンのウェルカムパーティにたくさんの人が。


ラガマフィンとは、シドニーのボートヤードで一緒だったので(といいますか、ヤードのオーナーがボートオーナーのシド・フィッシャー氏)、懐かしい顔に会いました。シドニーシティーマリンでもらったTシャツを着て行ったら喜んでくれました!


前日の真夜中シフトからくる寝不足も手伝い、久しぶりに記憶が飛んだ。。。ごめんなさい。真夜中〜朝6時シフト、ずっと寝て終了。。(編注:まゆこさんは、ボランティアとしてレース本部でお手伝いしてます)。

7月20日『日本艇フィニッシュ!』


仕事もろくにせず迎えた朝。日本艇2艇が到着したのでお出迎え。11分差でのフィニッシュです! 写真はテンクォーター。


両艇のオーナーが雑誌の取材を受け、その通訳をしたのですが「2250マイルもの長いレースでマッチレースをした感想は?」と「元々日本でライバル同士で一緒に出場したのか?」という質問をされていました。写真は貴帆です。


一瞬どこの国にいるのかわからなくなってきます。両艇のホストが一緒だったので、パーティーも同時開催。そして今日も深夜から6時までがわたしの担当。今日はちゃんと役に立てるようにがんばります。。。明日はゲフィオンが到着かな?

7月20日『ベンガルオンボード・レポート』
(編注:こちらは、現在レース中のベンガルからのオンボードレポートです。書いているのは、ナビゲーターの森さん?)

トランスパックスタート7日目。残航はようやく500マイルを切り、長距離トランスパックもいよいよ後半戦に突入しました。

昨日から今日にかけて多くのトラブルがおきましたが、リカバリーが早くセーリングは非常に快調です。レース本部から発表された昨日の24時間航行距離は、全参加艇で一番の324マイル。平均艇速は13.5ノット! ベンガルチーム記録です。

最速のトライマランとラガマフィン100はすでにフィニッシュしておりカウントされていませんが、それでもボルボ70より速かったことにクルーのテンションはあがっています。

そういう記録を出しながらも本題はトラブルについて。風が強くボートスピードが早いことも理由の1つですが、レース後半に入り色々とトラブルが多くなってきました。

この2日間は、エンジンスターターの不調に始まり、強風の中のジェネカーバースト、バング破損、ポートサイドのパルピット破損、ジブハリヤード破断と、セーリングに重要な影響をおよぼすトラブルが立て続けに起きています。

ロングレースにトラブルはつきものなので、緊急時はその場の対応力が求められますが、今のチームベンガルは、その対応の早さが素晴らしい。

まず、想定される多くのトラブルについて、その対処方法がすでに話し合われて全員で共有されており、消耗部品等の事前準備も万全です。なので、夜に緊急事態が発生しても、声を荒げる人はおらず、ほとんどライトもつけない状態で淡々と対処が進んでいきます。

幸いここまでのトラブル手当は、その場で全て完了。「まぁ概ね」万全の体制で、引き続きハワイに向かいます。

デッキ上では、「ハワイに着いたら○○」の会話が多くなってきました。そして艇内は、かなり暑いです。まさにトランスパック!

◎ベンガル・デリバリーレポート
(39)ベンガルスタート、いってらっしゃーい!
(38)ベンガル、焼肉と日本料理を堪能しました
(37)みんながんばろう!センドオフパーティー
(36)ONとOFF。トランスパックの準備は続く!
(35)ベンガル。スタート準備が着々と進んでます
(34)任務完了!マリナデルレイに到着しました
(33)やった!ロサンゼルスまで残り720マイル
(32)本格的な寒さ到来。便座が冷たいのです
(31)太平洋上で「太平洋ひとりぼっち」を読む
(30)太平洋の船の上で天気の勉強しています
(29)ベンガル、ただいまハワイから北上してます
(28)太平洋横断中!ベンガルレポート再開です
(27)知ってる?ハワイのラビットアイランドレース
(26)ベンガル回航チーム任務完了!一旦解散です
(25)ハワイはいいわー。到着した時の写真を紹介
(24)アロ〜ハ!ワイキキヨットクラブに到着!
(23)ハワイ沖、野生の鳥がヨットにぶつかるなんて
(22)到着は16日? ハワイまで1000マイルです!
(21)恐怖! 飛んできたイカが目に突き刺さる?
(20)赤道通過直前、カツオを釣り上げた!
(19)ベンガル、晴れ空の下、水虫の薬を研究する
(18)タヒチ出港。2400マイル先のハワイへGO!
(17)入国手続に手間取り…。パペーテのベンガル
(16)楽園タヒチ、18日ぶりの上陸を満喫します!
(15)ついに到着目前、タヒチが見えてきたぜっ!
(14)ベンガル南太平洋北上。キャビンがムシムシ
(13)バンザイ!タヒチまで1000マイル切りました
(12)南太平洋上、雨水を貯めてシャワーを浴びる
(11)夜空の星座を眺めながら今の自分を考えた
(10)マグロを釣る夢を見て、よだれを垂らす
(9)ヨットの上で、地球って不思議だなぁと思う
(8)イルカの群れと走り、満点の星空を眺める
(7)次はタヒチへ。ベンガル、再び出港準備です
(6)ニュージーランドで温泉を探す旅に出る
(5)ウェリントンのチャファーズマリーナ
(4)1200マイル走破!ウェリントン到着しました
(3)シドニー沖。荒れた海でクジラと接近遭遇
(2)シドニー最後の夕日は、きれいでした
(1)出港直前。ベンガル回航一座、出港準備です
(0)南太平洋デリバリーレポートはじまります!

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  NEWSOFFSHORESPECIAL

INFORMATION