Loading

いざハワイ!トランスパック第二陣スタート

 7月11日、ロサンゼルス近郊ロングビーチで開催されているトランスパックヨットレースは、スタート2日目を迎えました。空はあいにくの曇天。朝方は珍しく雨も降り、風向が定まりません。午後1時、5ノット前後の風のなかをスタートしました。(BHM編集部)


ハワイに向けて旅立った〈クレセント3〉。これから2225マイルのロングレースが始まります。到着は9日後?10日後? photo by Junichi Hirai

 葉山マリーナをホームポートにする同艇は、トランスパックを目標に約2年前から計画を開始。船(S40)の購入にはじまり、昨年4月の第2回沖縄〜東海レース、関東近郊のロングレースをトレーニングと考えてチームの経験値を高めてきました。船は4月に船便でロスへ。アラミトス・ベイマリーナで船を仕上げてトランスパックへ挑みます。

「ここまでやっと来たなぁという感じです。(スタート前の)昨晩はちょっとだけ感傷的な気分にもなりましたが、もうレースモードに入りました。メンバーのほとんどはクレセントチームで昨年の沖縄東海レースに乗っているので気心は知れています。どんなレースになるのか楽しみですね」(平井昭光オーナー)

 〈クレセント〉の出場するディビジョン5には6チームが出場します。ダウンウインドを得意とするボートだけに、序盤のアップウインドでどこまでライバル艇に食いついていくかが鍵になりそうです。

 レースの様子はトランスパックヨットレースのイエローブリックで位置情報が発表されます。おたのしみに!


スタートは21艇同時。第一陣のスタートと風は異なり、5ノット前後のポートタックのリーチング。コードゼロを上げてスタートする艇もみられました。photo by Junichi Hirai


出港直前のクレセントチーム。写真は、平井オーナー(手前右2)、松谷、糸賀、田口、大坪、小林、町山の7名とサポートの古関。ホテルの部屋でよく飲んでました!photo by Junichi Hirai


ロス出張中の中本さんが出港前の応援に。葉山マリーナヨットクラブのメンバーは結束が強いですね!photo by Junichi Hirai


クレセントの出場するディビジョン5のエントリーリスト

◎航跡図(イエローブリック)
http://yb.tl/transpac2013
◎Transpac Yacht Race
http://www.transpacyc.com/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  NEWSOFFSHORESPECIAL

INFORMATION