Loading

全日本前哨!関東実業団レポート(1)

 6月8日、9日、関東実業団ヨット選手権大会が開催されました。両日とも好天に恵まれ、風も3〜4メートルと弱めではありましたが、おおむねコンスタントに吹く中で、470級5レース、スナイプ級7レースを無事終了しました。

 また、大会初日の夕方には、470協会主催のレセプションパーティーのなかで、実業団の各チームの代表の方々から、学生向けに、自らのチームの紹介と、社会人になってもヨットを続けてほしいとの熱いメッセージが贈られました。


79艇参加(1フリート40艇)で大混戦のマーク回航。写真提供:関東470協会

◎関東実業団ヨット選手権成績
470級
優勝 SPN(渡邊・野呂組)
2位 三井住友海上(河合・小川組)
3位 SPN(飯束・八山組)

スナイプ級
優勝 SPN
2位 辻堂加工
3位 ThreeBond
4位 NTT東日本東京A
5位 日立製作所
6位 MYRC1

スナイプ級ベストスキッパー賞
31162(辻堂加工)

実業団470レポート
『リオの前に長崎に行こう!』

 第59回関東実業団ヨット選手権大会が、6月8日から9日にかけて、江の島ヨットハーバー沖で開催されました。本大会は、実業団ヨット選手権と関東470予選、関東マスターズ選手権の3大会を兼ねていて、世代を越えた79艇(社会人10艇、マスターズ3艇)が競い合いました。(レポート/渡邊哲雄 関東実業団ヨット連盟)



実業団470の見所は?

 2016年のリオ五輪に向け活動中の株式会社エス・ピー・ネットワーク(以下、SPN)のヤングチーム飯束・八山組、同じくリオ・オリンピックを表明し、今年から活動を開始した三井住友海上火災保険株式会社(以下、三井住友)の河合・小川組、今年創部50周年を迎え、優勝奪還を狙う株式会社日立製作所(以下、日立)の大橋・中澤組の3実業団の戦いに対して、江の島で独自の活動を続ける株式会社俺たちの湘南(以下、KOS)がどこまで太刀打ちできるかに注目が集まりました。



SPN飯束(左)と三井住友の河合(右)はOP時代からのライバル。これからも熱い戦いが続きます。写真提供:関東470協会


 大会初日は、そよそよと入り出した南の風を待ち、夏模様の中3レースが行われ、前評判通り1位SPN、2位三井住友、3位日立の順に上位を固めます。しかし、1位のSPNは、じぇじぇじぇ! まさかのオールドチームの渡邊・野呂組。実業団大会を盛り上げるべき参戦した2人が若手に良い刺激を与えます。


 大会最終日は前日同様、南風のライトウインドコンディション。5レース消化でカットレースが発生するため、昨日の上位3チームの中から誰が優勝するか分かりません

 先発グループのオールドSPN(渡辺・野呂組)と三井住友は、共にトップを2回づつ取っているため、直接対決のこのレースで勝った方が優勢に。スタートダッシュを決めたオールドSPNが、上マークからトップ回航、手堅くカバーして逃げ切りました。

 後発グループの日立も本日1-1位なら優勝できる可能性があるため気合いが入りますが、まさかの4位。優勝争いから解放されているヤングSPNがダントツのトップフィニッシュを飾り、優勝争いはオールドSPNと三井住友に絞られます。

渡邊哲雄・野呂英輔、年の功で逃げ切り!


 最終レースは、オールドSPNが4位以内なら優勝、5位以降かつ三井住友が1位の場合は、三井住友が優勝という状況で、先発グループがスタート。

 オールドSPNは、大きく左に展開するも無情にも風が右に振れて4〜6位を走り、自ら大会の見所を作り盛り上げてくれます。2上で老体に鞭を打ち、トップ艇に追いつくと最後のランニングで、更に鞭を入れトップ艇をパスして、そのままフィニッシュ。

 一方後発グループの三井住友は、熾烈な早慶OB戦を繰り広げる中、早稲田OBコンビにトップを奪われ2位フィニッシュ。実業団大会は、老体に鞭を打ったSPNが優勝、2位に新星、三井住友、3位に若手SPNが滑り込み幕を閉じました。



KOSって知ってる? http://kos-com.jimdo.com/


 一度は成績表で目にしたことであろうKOS.com。彼らは、江の島を活動拠点にしている同好会出身のヨット好き集団です。現在15名ほどで活動していて、470以外にもファイヤーボールなども活動しており、社会人ヨットサークルといった感じのアットホームな雰囲気で活動しながらも積極的に全日本に参加しています。


「社会人になっても470を乗りたい人、ヨット好きな人、僕らと一緒に活動しませんか? ハーバーで見かけたら気楽にお声かけください。一緒に長崎に行きましょう!」と代表を務める村田氏。

今大会オールドSPNから唯一トップを奪った村田代表。「長く続けていれば、いいことありますね。本当にうれしいです!」写真提供:関東470協会

「暫く乗ってないけど大丈夫かな?」と心配性のアナタ

最近メタボが気になるアナタ

ヨットに乗りたいけど相手がいないアナタ

主婦業に疲れたアナタ
老後の余暇を楽しみたいアナタ

学生時代の青春を取り戻したいアナタ

みんなまとめて、KOS へどうぞ!

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWS

INFORMATION