Loading

ベンガル、ただいまハワイから北上してます

ベンガル・デリバリーレポート(29)
ハワイ〜ロサンゼルス

6月4日『顔はシオシオ。ブーツを出して完全防備です』

 目が覚めたら、パイナップルが生贄のようにスターンに吊るされていました。昨日の私のブログを読んだもりもりさんが船外に避難させてくれていたのでした。(文/寺尾まゆこ、写真/チーム・ベンガル)

 正直ブログを読み返してみても、あまり記憶にありません。意識朦朧としながら書いてました。ニュージーランド〜タヒチ〜ハワイ感で分かった「3食がっつりだべて、間食はおにぎり食べとけば船酔いしない」説は簡単に崩れました。ただの慣れだったみたいです。ちなみにもう今は大丈夫です。


このパイナップルのせいで、昨日はだいぶ酔っちまった…

 ハワイを出てしばらくは半袖短パンでいいだろうとたかをくくっていましたが、昨日からスプレーをそこそこに浴びています。2日目でまさかのブーツまで引っ張り出してきてそれなりのフル装備。すでに顔がシオシオです。

 ま、でもたった2週間の回航だと思えば潮だらけの顔だってなんのその。しかも暑くないし。

 ジブだけでガンガン走ってましたが夜が明けて12ノットくらいまで落ちてきたのでメインをあげました。安定してます。まだうねり少しあるけど。

 昨日の昼は、目玉焼きのせビビンバでした。夜はトマト煮、アーティチョーク入り。アーティチョークが入るだけで豪華です。でも食当船酔いのため、味見もせずに提供しました。そして今日の朝は、昨日のトマト煮にカレー粉を混ぜてカレー風味に変身させたスープ+鮭サンドイッチ。

 回航の際は、冷蔵されていない常温保存卵を探すのですが、いつもアメリカではなかなか見つけられません(チャイナタウンに行けばあるのだけど)。今回は友達がファーマーズマーケットで買ってきてくれました。ありがとう。

 今日の昼ごはんは、何にしようかなぁ?


出港から3日経ち風が落ち着いて来ました。しっかり食べてます

6月5日『水漏れ再発。水がじょじょじょーと流れ出す』

 順調に北上しています。曇ってて気温もそれなり。スプレーも浴びなくなってきたので快適セーリング。インスタントラーメンも作れるくらいのヒール具合です。でも欲を言えばポートタックがいいんだけど…。北上しきるまでそれはなさそうだな。

 ハワイまでの長い長い回航で、いろいろ知恵を絞り、各所の水漏れへの対策はほぼ完璧と思いきや、ここにきて、ギャレーの棚の天井から漏れ始めました。

 漏れ対策のカップがしてあって、今までほとんど漏れはなかったのに。ハワイの強い紫外線で劣化したのかな? 棚に溜まった水がじょじょじょじょーと小さな滝のように勢い良く流れでてきて、コンロに置いてある鍋の中に落ちていきます。ほうっておくと鍋の中のスープが強烈な塩辛さになるので、左側のコンロには食べ物が入った鍋は置かないようにしてます。うーん、どうにかせねば。

 昼間は曇りが多めですが、昨日の夜、空の真上の方は雲が切れました。北斗七星と北極星、さそり座がきれいに見えました。低い位置に雲が残っているおかげで、空が少し明るめで、満天の星ってまではいきませんでしたが。

 今回、タフブック(PC)を新調しました。ハワイまで使っていた年季物と比べて処理速度が早くてウキウキします。

◎ベンガル・デリバリーレポート
(28)太平洋横断中!ベンガルレポート再開です
(27)知ってる?ハワイのラビットアイランドレース
(26)ベンガル回航チーム任務完了!一旦解散です
(25)ハワイはいいわー。到着した時の写真を紹介
(24)アロ〜ハ!ワイキキヨットクラブに到着!
(23)ハワイ沖、野生の鳥がヨットにぶつかるなんて
(22)到着は16日? ハワイまで1000マイルです!
(21)恐怖! 飛んできたイカが目に突き刺さる?
(20)赤道通過直前、カツオを釣り上げた!
(19)ベンガル、晴れ空の下、水虫の薬を研究する
(18)タヒチ出港。2400マイル先のハワイへGO!
(17)入国手続に手間取り…。パペーテのベンガル
(16)楽園タヒチ、18日ぶりの上陸を満喫します!
(15)ついに到着目前、タヒチが見えてきたぜっ!
(14)ベンガル南太平洋北上。キャビンがムシムシ
(13)バンザイ!タヒチまで1000マイル切りました
(12)南太平洋上、雨水を貯めてシャワーを浴びる
(11)夜空の星座を眺めながら今の自分を考えた
(10)マグロを釣る夢を見て、よだれを垂らす
(9)ヨットの上で、地球って不思議だなぁと思う
(8)イルカの群れと走り、満点の星空を眺める
(7)次はタヒチへ。ベンガル、再び出港準備です
(6)ニュージーランドで温泉を探す旅に出る
(5)ウェリントンのチャファーズマリーナ
(4)1200マイル走破!ウェリントン到着しました
(3)シドニー沖。荒れた海でクジラと接近遭遇
(2)シドニー最後の夕日は、きれいでした
(1)出港直前。ベンガル回航一座、出港準備です
(0)南太平洋デリバリーレポートはじまります!

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  NEWSOFFSHORESPECIAL

INFORMATION