Loading

連載ヨットレース繁盛記。春の珍事なのです

 初夏のさわやかな南風が気持ちいい5月の葉山。ホビーホークチームは、夏気分いっぱいでクラブレースに出陣です。最近のレースで好成績を見せ、「今年は良い感じかも?」状態のホビーホークでしたが、今回の成績はひとまずおあずけ。ズッコケモード全開のデッキワークを魅せてくれたのでした。(BHM編集部)


さあクラブレースへ元気に出撃です! まあ、このあとズッコケるんですけれども。photo by HobbyHawk

連載ヨットレース繁盛記!ドタバタ編
「第11回京急カップ」

 この週末は、ゴールデンウィークをはさんで約ひと月ぶりの葉山のクラブレース「京急カップ」です。ひと月あいただけなのに久しぶりに感じるのはわたしだけ? 今回もいつものように〈ホビーホーク〉で参加しました。(文/石丸寿美子)

『短パン、ビーサン解禁。おねーさんは電車に乗ったぜ!』

 5月も半ばを過ぎたということで、この日はついに『短パン、ビーサン』で電車に乗ってしまいました。朝からもう、こんなにも初夏の匂いがプンプンしているんだから、絶対に絶対に大丈夫〜、という家を出る時の確固たる自信が、駅に着くころにはグラグラと揺らぎはじめ、電車の中ではちょっと(かなり)恥ずかしかったです。まあ、季節先取りということで「イイ」にしておきます。

 葉山へ到着すると、この時期特有の乾いた南風がしっかり入っていて、ワクワクするような絶好のレース日和です! 参加艇は27艇。うち4艇は今年から新設された「モデラート・クラス」 での参加です。モデラートクラスは、レース仕様の装備を持たないクルージング艇などにも気軽にレースを楽んでもらうためのクラスです。

 外来艇は、アリランレース帰りの〈KARASU〉(KING40)。近隣の強豪チームが参加してくれるのはうれしいですね。レースもピリッと引き締まります。時々スタートで近くに張り付かれたりして、髪の毛が総立ちになったりもします。


今回は27艇が参加。HMYCクラブレースに新設されたモデラートクラスもおこなわれました。photo by Y.Higuchi

『あれれ、スピンアップであがっていったのは?』

 第1レースは10〜15ノットの安定した南風です。スタートはうまく頭を並べたものの、いつものように大混戦。そしていつものようにゼネリコとなりました。続くリスタートでは、きれいな風で出ようと試みますが、今度は逆に高さが足りず、うーん、ダメです。50点。

 逃げのタックを打ってひとまず右へ出ます。その後も右海面がよさそうなので、フリートの右をキープします。そしてこの読みが当たり、20度くらいのシフトを得てトップ艇団の最後尾に食い込みました。スタートの失敗を帳消しにして、シングル前半ぐらいで1上マークを回るという快挙! を成し遂げますが、この後、春の珍事が勃発します。

 ご機嫌で上マークを回り、順調にスピンアップ!の予定だったけど、あがっていったのはスピンではなくスピンバッグでしたー。残念。いくら順風とはいえ、スピンバッグでは走りません。

 なんとかバッグをへっぱがし、スピンを引きずり出して格闘している間に、右から左からじゃーじゃー抜かれてしまいました。

 付近には、一緒にスピンで地引網漁をしていた艇も。どうやら網はあがったようなので、今頃デッキ上はシラスでいっぱいでしょう。やっぱり生シラスはショウガ醤油ですかね。

 第1レースはまたしても「やせ馬の先走り」。23艇中、着順15位、修正12位でした。うーん、もう少しがんばりましょう…。


スタートが問題なんだよなー、わかってるんだけどなー。photo by Y.Higuchi

『結果はガッカリだけど、さわやかセーリングでした!』

 第2レース、依然いい風が続いています。このレースのスタートも足りませんでした。今日は2レースともスタートがダメでした。はー、スミマセン。反省。

 その後も、シモ受けタックに失敗して苦しくなってタックバッグしたところ、今度はまた他艇とジャストミートになったりと、終始ドタバタしっぱなしで、すっかりレレレのおねえさん(注:オバサンではない)と化してしまいました。

 今日はいろいろな面でパッとせず、減点がかさんでしまいました。2レース目は着順16位、修正14位と真ん中落ち。総合では13位でした。ガッカリだけど、そんなに甘くはありません。前のめりにビーサン短パンで電車に乗った罰かもしれません。

 でも、一年で一番大好きなこの季節。初夏のさわやかセーリングを満喫できて、かなり幸せな一日でした。そして、終わったあとのビールの美味しいことといったら! あぁ、大人でよかった。成績が良かったらもっと美味しいはずなので、これからもホビーホークは美味しいビールのために楽しくガンバリマス。

 今日は、新人君(ヨット界の宝)も来てくれました! 初めてのキールボートレースで、デッキの上を四つん這いになって駆けずり回り、元気にコケまくってくれました。きっとあちこちアザだらけでしょう。また来てね!

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  COLUMNINSHORENEWSSPECIAL

INFORMATION