Loading

デリバリーレポート。さよならシドニー!

 「ベンガル・デリバリーレポート」連載2回目です。シドニーからニュージーランドへ向かう〈ベンガル7〉。昨年12月から慣れ親しんだシドニーを離れます。ご安航を!(BHM編集部)

ベンガル・デリバリーレポート(2)
1月22日 シドニー
『シドニー最後の夕日は、きれいでした』

文/寺尾まゆこ、写真/チーム・ベンガル


小船たちの後ろに沈む夕日がきれいでした。サヨナラシドニー。ここのヤードの人たちはみんな親切でよくしてくれる人ばかりだったので、なんだか出港はさびしいです。


ニュージーランドへ向けて出港前日。きょうは、ハーバーへ給油船(上写真)が来てくれました。はじめはホースが短くてあわあわしてましたが、移動して一件落着。500リットル強の燃料を補給。


燃料は満タン。たっぷり積んでいきます。


快適に回航できるようにキャビン内部も改造します。マストからの水漏れがひどかったのでカバーを調達。これで快適です。


ギャレーにある炊飯機の天井にライトをつけました。これで、ヘッドライトつけてご飯をよそう姿で「米ドロボウ」と勘違いされる危険はなくなりました。


各メンバーのバース(寝る場所)も色々工夫がしてあります。


アンザックブリッジです。国旗、飛び出たマストの組み合わせも今日が最後と思うと名残惜しい。


今日は船で宿泊。ワイルドオーツブランドの白ワインを買ってみました。リーズナブルでおいしい!


出発日の朝、到着時の出迎えからはじまり、ヤードで私たちのお世話をしてくれていたジョンが、回航メンバーにTシャツはじめとしてシドニー・シティマリン・グッズと、うちのオーナーのために、”Bengal7″の刺繍入りジャケットを餞別としてくれました。ありがとうございます。うれしい!

1月24日 シドニー〜ウェリントン
『シドニー出港。けっこう吹いてます!』

 23日のお昼過ぎにシドニーを出ました。23〜25ノットの風で12ノット前後で夜まで走りました。いまだかつてないスケールのスプレーを浴びまくりましたが、日本での水漏れ対策に加え、シドニーでも色々と手を加えたので、なかなかいい感じです。

 今は風はある程度おさまりましたが、まだ身体がなれてなくて本調子じゃありません。8日ほどかけて、ニュージーランドの首都ウェリントンを目指します!


ただいまココにいます!

◎ベンガル・デリバリーレポート
(1)シドニー出港直前。ベンガル回航一座、出港準備です
南太平洋デリバリーレポートはじまります!

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  NEWSOFFSHORESPECIAL

INFORMATION