Loading

暑い江戸の海で対決!実業団ヨット選手権

 残暑きびしい9月15〜17日の3日間にかけて、江戸にスナイプ級が18チーム34艇、470級が28艇集結し、第58回全日本実業団ヨット選手権が、東京都江東区若洲海浜公園ヨット訓練所で開催されました。(文/全日本実業団ヨット連盟理事)


今年も盛り上がった実業団ヨット選手権。2015年東京国体リハーサル大会の一部としておこなわれました

 スナイプ級では、昨年度の全日本選手権優勝の近藤組率いる王者アイシンAIを筆頭に、対するは、大井組率いる奥村ボート、元ナショナルチーム軍団で構成されているSPN、スナイプワールド2位の実績を持つ阿部が移籍した三菱重工広島、そして、常勝軍団・豊田自動織機の戦いに注目が集まりました。

 コンディションは、軽風から強風までのオールラウンドのコンディションで、6レースが行われ、強風域での圧倒的なスピードでゲームを支配したアイシンAIチームが、大会2連覇を成し遂げました。

 2位から4位までは、最終レースの最終レグの直線アビームで、順位の入れ替わりが激しく、フィニッシュしても成績が出るまで分からないくらい熱い戦いが繰り広げられました。本当に僅差で、2位にSPN、3位に奥村ボート、4位に豊田自動織機、5位に三菱重工広島と前評判通りのチームが上位を固めました。

 470級では、今年の関東・関西470選手権を制したSPNの飯束/八山対学生個人戦2連覇中の日本経済大学の土井/外園、全日本470選手権2連覇中の市野/佐藤、国体優勝経験を持つ豊田自動織機の高橋組と次のリオ・オリンピックに向けた若手の戦いに注目が集まりました。今大会には、過去の470級での学生個人戦優勝経験者が、なんと4名も集まり、歴代王者決定戦とも言える戦いになりました。

 コンディションは、スナイプ級同様にオールラウンドのコンディションで7レースが行われ、最終日の社会人SPNチームVS学生界敵なしの日本経済大学の学生チームの着順勝負となり、ヤングパワーを炸裂させた土居/外園が、勝利を手にしました。

 2位には、飯束/八山、3位は、市野/佐藤となりました。優勝した土居/外園は、学生のためオープン参加扱いとされ、実業団(社会人)選手権では、SPNの飯塚/八山が悔しい優勝となりました。

470級復活の裏
 今年は、東京開催ということもあり、470級が近年稀に見る数が集まりました。この数年、景気の悪化と共に実業団活動の縮小、廃部が目立ち470級の参加艇数も毎年ひと桁での開催となっていました。

 この問題を解決するために栗原会長を始めとする実業団連盟理事たちで試行錯誤を繰り返し、「今の学生こそ未来の社会人」だと考え、実業団(社会人)大会ではありますが、学生の参加を認めることにしました。

 そして、学生の最大の壁になる資金面もできる限りの補助を協会が負担し、参加しやすい環境を整えました。大会に参加した学生が社会人になっても一人でも多くセーリングを続けていってもらいたいと願うばかりです。

 また、社会人には、共同輸送によるコストダウン、チャーター艇の用意、合同練習会開催など参加する準備面での協力をさせてもらいました。その甲斐あって、例年にない参加艇数とレベルの高い大会を開催することができました。社会人になっても続けていくことができる環境を提供していくことが、われわれ協会の役目だと感じています。

 最後になりますが、この470級の盛り上がりを縁の下の力持ちとなって支えてくれた、株式会社エス・ピー・ネットワークの代表取締役渡部氏に感謝の敬意を表したいと思います。

 2年前から自らも同大会にスナイプ級で選手として参加し(今年は、スナイプマスターズワールドに参加したため不参加)、自らセーリングを楽しむと共に「セーリングの素晴らしさを伝え、普及させていかなくてはならい。それこそが我々の役目だ。」と感じ、協会へ若い理事を送り込んでくれました。また、つちかわれた経営戦略を武器に、適材適所の人員配置、チャーター艇の用意、選手たちのニーズに応える対応策など、理事以上の裏方に徹して大会を盛り上げてくれました。

 また、470協会を始めとする各水域の理事のみなさま、ご協力いただいた関係者、並びに関係業者の方々に、この場をお借りして深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

 来年は9月14〜16日に長崎県の長崎サンセットマリーナで開催される予定です。みなさんの熱い戦いと爽やかな笑顔をお待ちしています。


スナイプ級成績


470級成績

実業団ヨットレース名物レセプションとレース実況解説

文/山本卓・全日本実業団理事

 実業団ヨットレースの魅力はレースもさることながら、そのレセプションパーティーの楽しさです。今年は、お台場のポジティブデリというレインボーブリッジと東京タワーが見渡せるカフェで、140名を超えるみなさんが参加しました。

 「今年のテーマは、食べ物もいっぱい、芸もいっぱい!」切れ目のない炭水化物、タンパク質中心の料理と、相変わらずパワーあふれるMYRCの芸で、おなかも目も大満足してもらえたのではないでしょうか?

 MYRCの芸の今年の新芸は、女子が「夏祭り」、男子が「葉っぱ隊」。これに、定番の「ハニー」「デザイア」「サンバ」と続きました。ビンゴ大会も桑野理事の全力のパフォーマンスに加えNORTH SAILS JAPAN社とSAILFAST社からの多数の景品で大盛り上がりでした。

 また、今年は新しい試みとして、レース海面からスナイプ級の白石選手がレースの模様を実況中継し、それをUSTREAMを通じて、レース会場で放映するということが行われました。白石さんのよくわかる解説と、フィニッシュ直後の選手へのインタビューなど、大変興味深い企画でした。来年の国体もインターネットで見られるのを楽しみしています。

◎全日本実業団ヨット選手権 Ustreamハイライト
http://www.tsaf.com/shared_2012-09-14/index.html#archive

◎全日本実業団ヨット連盟
http://jitsugyodanyacht.jimdo.com/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWS

INFORMATION