Loading

夢の世界。マキシロレックスカップ写真集

 9月2〜8日までイタリア・サルディニア島でマキシヨットロレックスカップが開催されています。マキシクラスとは、IOR時代に作られた規定で、当時は75〜82フィートサイズを指していたようです。現在、国際マキシ協会の規定によれば、ミニマキシ(60〜70フィート。18.29〜24.08メートル)、マキシ(70〜100フィート。24.09〜30.50メートル)、スーパーマキシ(100フィート以上)となっています。いずれにせよ、日本では馴染みのないというか、まったく想像できない世界だけにイメージすらわきませんね。それぐらい豪華なヨットレースが地中海でおこなわれています。夢のような世界です。(BHM編集部)


出場最大艇は66メートル(216フィート)。人間があまりにも小さい…。バウスプリットだけで20フィート以上ありそうです。Life at the sharp end for the bowman of HETAIROS (CAY). photo Rolex / Carlo Borlenghi


Start of the Wally class. photo Rolex / Carlo Borlenghi


TWIN SOUL 6 – MONSIEUR (ITA) passes the rocky formations of the Smeralda Coast. photo Rolex / Carlo Borlenghi


Rocky landscape around OPEN SEASON (GBR). photo Rolex / Carlo Borlenghi


Big waves off Porto Cervo. photo Rolex / Carlo Borlenghi


WILD JOE (HUN) between waves. photo Rolex / Carlo Borlenghi


The crew onboard BELLA MENTE (USA) are getting to grips with an exciting new 72-foot Mini Maxi. photo Rolex / Carlo Borlenghi


HIGHLAND FLING (MON) tests the waters of Porto Cervo. photo Rolex / Carlo Borlenghi


Maxi fleet berth at the Yacht Club Costa Smeralda docks. photo Rolex / Carlo Borlenghi

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  INSHORENEWSOFFSHORE

INFORMATION