Loading

全日本実業団選手権、締め切り8/17迫る!

 今年の全日本実業団の470はすごいことになりそうです!例年は10艇ぐらいですが、今年の出場予想艇数は、「出場ほぼ確実」ベース15艇、「出場検討中」を入れると28艇にもなっています。(文/山本卓・全日本実業団ヨット連盟)

 出場予定のチームの中には、リオ・オリンピック、国体優勝を目指すチーム、インカレ優勝校と、有力チームが参加し、レベルの高いレースが期待されます。また、国体での上位を目指すのなら、そのレース海面の様子とか運営のイメージを知るのは、すごく大事ですし、だれと競うのかが大体わかるっていうことであれば、全日本実業団選手権はまさにリハーサル大会といえます。

 また、学生セーラーや社会人・学生の混成チームも「オープン参加枠(表彰対象外)」ということではありますが歓迎しています。特に学生セーラーは、社会人のトップセーラーの走りを間近で見て研究できる大会だと思います。

 全日本実業団の470級は、技を競い合い、夜のレセプションでは、自社の人材を競い合うといった、和気藹々としたフレンドリーな大会です。ヨットを楽しみたい、ヨットを通じて世界を広げたいという470セーラーのみなさま、ぜひ参加してみてください。申し込みの期限は、8月17日ですのでお早めに!

 なお、国体のリハーサルということで、出場には、スキッパー・クルーのどちらかがバッジテスト中級4級以上を持っていることが条件となります。出場を希望するペアでバッジテストを持っていないチームは、各県連の担当の方に相談してください。

※東京都連では、8月19日に臨時でバッジテストを行います。 時間、内容等については、東京都ヨット連盟バッジテスト委員会(TEL:03-5569-6708 NPO法人マリンプレイス東京 浜崎濠次郎さま)までお問い合わせください。神奈川県連については渡邊哲雄まで連絡を。その他の県については、各県連にお問い合わせください。

 また、関東実業団では、9月1日、2日に合同練習会(レース)を行いますので、ぜひご参加ください。詳しくはホームページから。

◎全日本実業団ヨット連盟
http://jitsugyodanyacht.jimdo.com

 本件に関するご質問、参加に対するお問い合わせについては、お気軽に以下アドレスまでご連絡ください。輸送や現地での艇の手配など協力いたします。
渡邊哲雄(470担当理事) te-watanabe※sp-network.co.jp
栗原義則 kurihara.y※kxf.biglobe.ne.jp
(メールする場合は※を@に変えてください)

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWS

INFORMATION