NT総崩れ、五輪出場は南里1人に託される

  • 08
  • May

 レーザー級世界選手権4日目。予報では午後から北東風が吹くと出ていたので、11時予定のスタートが12時まで陸上待機となり、12時から海へ出て13時15分からレースが始まりました。上マーク85度設定、5〜8ノットのコンディション。時折雨が降る最悪の状況でした。2月に実施した葉山の選考レースよりも寒く感じました。(レポート/JSAFオリ特:斎藤愛子)


ナショナルチーム(NT)全員が予選敗退、ブロンズ落ち。シルバーフリートに残った南里だけがロンドン五輪出場国枠を争うという波乱となりました。がんばれ、南里!(BHM編集部) photo by Yoichi Iijima

 8ノット以下の微風では、南里がダウンウインドの走りで落ち着きがなく、がまんのバイザリーができずに順位を落としてしまいました。また、南里は帰着申告を時間内に履行しなかったために5ポイントのペナルティーを受けてしまい、暫定92位が98位に下がってしまいました。

 南里は、日本選手で唯一シルバーフリート(予選シリーズ57位〜112位)に残りましたから、本来なら五輪代表に内定となるのですが、国枠そのものは獲得できていません。

 今日の2レースを経て予選が終了し、今回の国枠12カ国のうち、ゴールドフリート(同上1位〜56位)で6枠の獲得(タイ、アイルランド、ポルトガル、リトアニア、チュニジア、ウクライナ)が決定しました。

 日本は残りの6枠をシルバーフリートに残った10か国(チェコ、トリニダード・トバゴ、エルサルバドル、プエルトリコ、ベネズエラ、コロンビア、日本、マレーシア、モルドバ、メキシコ)で争うことになりました。南里は今日の成績だと7番目。僅差の中、後半レースを戦います。

 安田は114位で112位までのシルバーフリートにあと4点、2番差で届きませんでした。またホール、永井も届かず、ナショナルチーム総崩れの結末はさびしい限りです。

 明日から南里1人に国枠獲得を託す、想定外の厳しい後半戦になります。風向予報は南東から南、久々に10ノットを超えて、午後からは15ノットに達する見込みと出ています。

◎レーザー級世界選手権4日目 170艇62か国出場
98位 南里研二 27-21-24-21-16- (52)-33-49
114位 安田真之助 40-(42)-38-28-42-11-33-20
131位 ホール・イアン 36-28-50-40-41-37-20-(51)
135位 永井久規 29-43-16-41-36-48-49-(BFD57)
136位 城 航太 33-31-44-49-47-19-(52)-44
164位 粟野和昭 54-50-55-(56)-48-52-50-BFD56-48

◎Audi Laser World Championship 2012
http://www.laserworldchampionship.com/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ