4年目を迎えますます盛り上がる!葉山Audi NIPPON CUPレポート

  • 20
  • Oct

 10月13日、14日、葉山マリーナヨットクラブ主催「Audi NIPPON CUP 2018 葉山オータムシリーズ」が開催されました。(レポート/葉山マリーナヨットクラブ NIPPON CUP実行委員会)


前2大会は荒天で中止に。うっぷんを晴らすかのような好条件で全5レース実施したオータムシリーズ。photo by Junichi Hirai

 春と秋の年2回、相模湾でのキールボートのチャンピオンシップとして徐々に定着してきたAudi NIPPON CUP。今回も多くの協賛企業の協力を得て、総勢32艇のレーシングフリークが秋の葉山に集結しました。

 2015年にインショアレースとして生まれ変わったNIPPON CUPは、今年で4年目になります。前回(2018年春)、前々回(2017年秋)といずれも荒天のため開催できず、1年半ぶりの開催となりました。今回も、メルジェス20クラスとIRCクラスが設けられ、IRCは更にHP(ハイパフォーマンス)およびA、Bの3つのディビジョンに分かれて競います。

曇天、強風の相模湾。絶好の風でレース開始

 レース初日、曇天ながら朝からいい風が吹き、20ノット前後の北東の風の中、第1レースの予告信号があがりました。最初のスタートはミニマムサイズの高速ワンデザインボートとして人気のメルジェス20クラスです。若いセーラーも多く、また今大会がメルジェス20のワールドリーグ・アジアディビジョンの一戦に組み込まれていていることもあり、熱戦が期待されます。

 続いてのスタートは、軽排水量の最新鋭レーサーが集まるIRC-HPディビジョンです。地元葉山の〈Gaia〉、〈SPANK〉に加え、遠く福岡から遠征してきた〈ENTERPRISE LILY〉のK-36 SAMURAI同型艇対決に注目が集まりました。

 最終スタートは、ミドルボートクラス〜40フィートまで、多様な艇種で構成されるIRC-Aと、人気のプロダクションボートを中心に最大フリートを形成するIRC-Bが同時スタートでレガッタを盛り上げます。

 運営陣を悩ませる振れまわる陸風でしたが、振れ幅は大きいものの一貫して吹き続けた腰の重い風に助けられ、予定通り3レースを実施。後半には風があがり、ダイナミックな回航シーンも見られ、各艇ヘトヘトになるまでレースを堪能し初日を終えました。


同型3艇が出場したK-36 SAMURAI。大接戦の回航シーンもあり、見ごたえある同型艇対決が繰り広げられました。photo by Junichi Hirai

迫力のK-36 SAMURAI対決は、ENTERPRISE LILYの勝利

 2日目の朝、未明から降っていた雨があがり、葉山沖には大きな虹が掛かりました。

 この日も朝からいい風が吹き続けます。断続的に左右から入るシフトを捉え、有利なサイドをキープしながらレースを展開していく必要がありますが、接近戦が多く、マーク付近は大混戦となりました。

 2日間とも過去2回の中止の鬱憤を晴らすような素晴らしい風に恵まれ、無事全5レースを完了しました。

 IRC-HPは、〈KARASU〉( MILLS 41)が最終日の2レースを1-1位でまとめ、初日トップの〈CENTURY FAST GP〉 (GP 33 N/M)をかわして貫禄の逆転優勝を遂げました。3位には〈OREOS〉(IMK-7)が入りました。

 注目のK-36 SAMURAI対決は僅差の戦いとなり、〈ENTERPRISE LILY〉に軍配が上がりました。フォトジェニックな最新鋭のボートが集まるIRC-HPはNIPPON CUPの華の部分でもあり、スポンサー関係者が乗り込む観覧艇の目の前でも迫力ある回航シーンが披露されました。


3連続1位で優勝を決めたKARASU。photo by Junichi Hirai

 IRC-Aは〈VOGUE〉(JND 36)と〈光風〉 (FIRST 40)が優勝争いを展開し、第4レースを修正3秒差で制したVOGUEが優勝を勝ち取りました。両ヘルムスマンの三部選手(VOGUE)と高木選手(光風)はかつてお互いしのぎを削った元470セーラーで、時を経て久々の対決となりました。

 〈VOGUE〉は全日本ミドルボート優勝を皮切りに好成績が続き、今勢いのある旬なチームと言えます。また、3位には表彰台常連の名門チーム〈PROPAGANDA〉(A 35)が入りました。キールボート界をけん引する実力派ぞろいのこのクラスは、今回もハイレベルなレースが展開されました。

 IRC-Bは得意の強風コンディションでパフォーマンスを最大限発揮した〈EXOTIQUE〉(FIRST35 (09) Fin6)が1-1-1-(2)-1位というスコアで圧勝しました。2位には過去のNIPPON CUP常勝艇でもある〈CAVOK〉(FIRST 35)が入りました。3位はベテランチーム〈APHROS〉(TSUBOI IMS 950 MOD)となりました。

 IRC-Bは今回最大数を擁するディビジョンとなり、国内で最も普及しているこのレンジのクラスの盛り上がりは、NIPPON CUPに於いても健全なピラミッドを形成しています。チャンピオンシップでありながらも、誰もが参加しやすい雰囲気を作り出し、いい効果を生んでいます。


Audi NIPPON CUP初優勝を飾ったVOGUE。2018年大活躍しました。photo by Junichi Hirai


ミスのないクルーワークで常に上位を保守したEXOTIQUE。photo by Junichi Hirai

運営からパーティまで自主運営をモットーに開催されるNIPPON CUP

 メルジェス20クラスは〈CONTIOUS〉が2位〈TRINITY〉の猛追をかわし、タイブレークの末に優勝を勝ち取りました。25歳以下の若手中心に臨んだ〈UNITY〉は3位と大健闘しました。

 エネルギーに満ち溢れるこのクラスは、NIPPON CUPの中でも存在感を増しつつあります。ディンギー出身の若いセーラーが名だたるレーシングボートと同じレガッタに参加し、同じ海面でレースをすることにより、世代を繋ぐいい機会となるよう願っています。

 最高の風に恵まれた今回のAudi NIPPON CUP葉山オータムシリーズ。実行委員会や運営スタッフにとっても充実した2日間となりました。

 NIPPON CUPはクラブメンバーによる自主運営をモットーとし、現役セーラーたちが持ちまわりで担当しています。海上運営はもちろん、企画立案、情報発信、スポンサー対応、観覧艇、ドリンクバーの仕切りからDJまで! 全てのコンテンツをプレーヤー目線で楽しく切り盛りしています。

 このノウハウを次世代へ継承し、末永くセーラーに支持されるイベントとして成長していけたらと思っています。また来年、葉山沖でお会いしましょう!


相澤オーナー/ヘルムで優勝を勝ち取ったCONTIOUS。photo by Junichi Hirai


25歳以下の選手集合。メルジェス20をはじめ、さまざまなクラスで活躍しています。photo by Junichi Hirai


葉山マリーナでおこなわれた表彰パーティ。photo by Junichi Hirai


年2回開催されるNIPPON CUP。次回開催は来年春の予定です。photo by Junichi Hirai


Audi NIPPON CUP 2018ハイライト映像

Audi NIPPON CUP 2018 葉山オータムシリーズ成績
IRC HP
優勝 KARASU( MILLS 41)
2位 CENTURY FAST GP(GP 33 N/M)
3位 OREOS(IMK-7)

IRC A
優勝 VOGUE(JND 36)
2位 光風 (FIRST 40)
3位 PROPAGANDA(A 35)

IRC B
優勝 EXOTIQUE(FIRST35 (09) Fin6)
2位 CAVOK(FIRST 35)
3位 APHROS(TSUBOI IMS 950 MOD)

メルジェス20
優勝 CONTIOUS
2位 TRINITY
3位 UNITY

◎NIPPON CUP 葉山シリーズ 2018
http://www.hmyc.or.jp/nc2018/index.html
◎バルクヘッドマガジン・フォトギャラリー
10月13日 AUDI NIPPON CUP AUTUMN 初日
10月14日 AUDI NIPPON CUP AUTUMN 2日目

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ