10年ぶり津で開催!テーザーミッドサマーレガッタ

  • 07
  • Sep

 8月30日、テーザー級の公式レース「ミッドサマーレガッタ」が伊勢湾海洋スポーツセンター(三重県津市)で開催されました。津でのレース開催は2005年のテーザー級全日本選手権以来、実に10年ぶりです。合計14チームが秋雨の海に集まりました。(レポート、写真提供/日本テーザー協会)

15.09.07_DSCN2760

 レース当日は微風の中、「津の風」を期待して待機モードの選手の思惑をよそにレース委員長は決断します。第1レースを予定時刻にスタート。スタートラインに出遅れるチームが続出しますが、微風シリーズを覚悟したチームはしっかり準備していました。

 風が大きく右に振れる中、本文船側から飛び出した中村・小松組が艇団をリードします。その後、上マークを回った頃には風が落ちてほぼ無風に。テーザー級はハル重量68キロと軽量のためわずかな風でも帆走できますが、慣性が効かないためその分止まりやすく、風をつかみ続ける必要があります。

 時が止まったようなガマン大会の中、他艇の風上に入りながら海面のエッジに出たチームが伸ばしていきます。結局このレースはコース短縮となり、風をつかんだ石塚・白岩組がトップフィニッシュ、池田・須山組、中村・小松組が続きました。

 第2レースも微風で大きく振れる海面に多くのチームが翻弄される中、軽部夫妻チームが軽快なボートスピードでトップフィニッシュします。山村・吉田組、植田親子組が続き、得点が入れ替わりました。

 決着の最終第3レース、ここで「津の風」がブローを運んできました。スタートの有利エンドから飛び出した池田・須山組が上マークをトップ回航、ボートスピードで勝る軽部夫妻に抜かれますが、2位をキープして優勝を決めました。このレース3位の石塚・白岩組が総合2位、3レースの順位を手堅くまとめた渡辺・中野組が総合3位となりました。

 次のテーザー級の公式レースはオータムレガッタ(9月20日・浜名湖)、全日本選手権(10月10日〜12日・江の島)です。全日本選手権は第30回を迎える記念大会です。奮ってご参加ください。

 日本テーザー協会では、新規セーラーを歓迎します。興味のある方は日本テーザー協会ウェブサイト専用コンテンツ「テーザーをはじめよう」(http://tasarjapan.org/index.php/introduction/gettingstart)をぜひご覧ください。

 2017年日本ワールド開催(蒲郡)に向けて切磋琢磨し、日本人初のワールドチャンピオンを目指しましょう!

15.09.07_01_2880
1位 池田・須山組

15.09.07_02_2707
2位 石塚・白岩組

15.09.07_03_2803
3位 渡辺・中野組

15.09.07_01
全員集合。次の公式戦は9月20日、浜名湖オータムレガッタです

15.09.07_02
優勝の池田・須山組

15.09.07_midsummer_result
テーザーミッドサマーレガッタ成績

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ポールスチュアート
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ