韓国仁川アジア大会オフショット写真集

  • 02
  • Oct

7Z7A9949
表彰セレモニーの韓国美女軍団(メダルと花束をプレゼンターに渡す役)。登場した瞬間、それまでだらだらしていた各国のフォトグラファーが、一斉にカメラを構えて超連射してました

14.10.01_10
英語と韓国語のプレスカンファレンスに出席するマッチレースの坂本亘。良いこと言っていました。何を言っていたのか忘れましたが

4J5A0895
レーザー金メダル、ハー・ジーメン(韓国)のロールタック後の姿です。なんというか…芸術的!今年のロールタック大賞です

7Z7A9107
干満差の激しいワンサンマリーナはスロープが大変。干潮時は船台に船を乗せて山登りをするように急坂を登らなくてはいけません

7Z7A9549
風がなくなり海上で風待ち。日除けの傘をさす土居愛実。レーザーに乗って傘をさすことはあまりないと思いますが、似合ってますね!

7Z7A9164
レースが終わった午後3時、昼食のお弁当を食べるRS:X級の富澤 慎

7Z7A9171
選手が休憩するテントに張り紙があり「2時までに食べてね(ヤバイから)」と書いてありました

7Z7A9297
マリーナ施設内に入るには、空港と同じようなセキュリティーチェックを受けます。座る係員の前に張り紙が。指名手配犯でしょうか

7Z7A9561
こちらも風待ち。水泳部出身の高校2年生・田中美紗樹/高野芹奈と、3児の父になったばかりの今村公彦

7Z7A9572
風待ち中、420の松尾虎太郎に470のロールタックを指導する土居一斗。松尾は高校1年生。クルーになって数カ月なのに上手!

4J5A1123
最後に「写真撮ってー」とせがまれた韓国のボランティア・メディアスタッフ。セーリングのこと全く知らないのにがんばってくれました

7Z7A9581
アジアっぽい(?)メディアボート。波をザップンザップンかぶりました。風も波もなかったのになんで? 不思議です

7Z7A9063
ホテルからの景色。左側は海でビーチがあり、夜は花火があがったり、カラオケが聞こえたり賑やかでした。約一週間の韓国生活もあとわずかです

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ポール・スチュアート
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
入船鋼材
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
Velocitek
銚子マリーナ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ