蒲郡の風に早稲田、慶応が抜け出す。全日本学生ヨット選手権2日目レポート

  • 04
  • Nov

 11月4日、愛知県蒲郡で開催されている「第81回全日本学生ヨット選手権」2日目。大会初日の強風を走った選手たちは、自艇を修理して2日目へ挑みました。前日の被害は特にスナイプ級が多く、予備マストを使ったり、あたらにマストを購入して作り直すチームが多くみられました。(BHM編集部)

ch6i0469
上マークへ並んで向かう慶応大スナイプ。日本大を逆転、スナイプ1位、総合2位に浮上しました。photo by Junichi Hirai

 大会2日目は、前日の未消化レースを含めて4レース成立を目標にはじまりました。選手たちは前日の強風の疲れから船と身体を一時的に休めたいところですが、蒲郡の風は休息を与えません。蒲郡沖は風が徐々に吹き上がり、一気に白波の立つ海面に。初日の強風には及びませんが、体力勝負の1日となりました。

 4レース実施した2日目は、強風域を得意とする早稲田大、慶応大が躍進しました。470級の早稲田大は、岡田圭樹/岩井俊樹のポイントゲッターを核に、市川夏未/深田龍介、田中美紗樹/永松瀬羅が、失格・トラブルをおこすことなく、得点をしっかり抑えることに成功しています。

 早稲田大の得意風域であることはもちろんですが、インカレの定石でもある「英文字を叩かない」(英文字=失格。失格のポイントは本大会70点です)が実践され、6レースを終えて合計189点(1レースあたり31.5点)という理想的な流れを作っています。

 スナイプ級は、前評判の高い慶応大が爆発しました。3名のスキッパーは昨年度から継続してレギュラーであることからも好成績が期待されています。慶応大の総合優勝に掛ける気合いは例年以上で、スナイプチームは低得点が必須条件。470級がいかに得点を抑えるかが課題になっています。

 これまで6レースを終えて、早稲田大と慶応大が抜け出した感があります。総合得点は470対479点で早稲田大がリード。しかし、残りレース数を考えれば、得点差はないに等しいといえるでしょう。思い返せば、2010年度の蒲郡大会も早稲田、慶応が、最終日まで総合優勝を競いました(当時の結果は早稲田が勝利しました)。

 しかし、ここで早慶戦を予想するのは時期尚早で、ターニングポイントとなるのは明日大会3日目です。気象予報では、前半戦の強風シリーズから一転して軽風予報。風が落ちれば他大学の爆発も大いに考えられます。

 さあ、全日本インカレは終盤へ向かいます。残り5レースでどんなドラマが待っているのか。蒲郡で開催されている全日本インカレに注目です。

第81回全日本学生ヨット選手権・2日目成績
470級
1位 早稲田大 189点
2位 日本大 201点
3位 慶応大 239点
4位 同志社大 344点
5位 日経大 346点
6位 明海大 376点

スナイプ級
1位 慶応大 240点
2位 早稲田大 281点
3位 日本大 376点
4位 九州大 381点
5位 同志社大 428点
6位 関西学院大 467点

総合
1位 早稲田大 470点
2位 慶応大 479点
3位 日本大 577点
4位 同志社大 772点
5位 関西学院大 908点
6位 九州大 992点

1104_4701
470級成績(6レース終了時)

20161104jouin470
470級乗員リスト

0a97a537e286c68362cc83d7fcad4f7d
スナイプ級成績(6レース終了時)

20161004jouinsnipe
スナイプ級乗員リスト

7z7a0114
朝8時に準備が始まり臨戦態勢へ。海陽ヨットハーバーは学生の熱気に包まれています。photo by Junichi Hirai

7z7a0235
防波堤に並んで出艇する選手にエールをおくる各大学のサポート班。photo by Junichi Hirai

ch6i8249
ヨットハーバー入口のガラスに貼られているのは、公式掲示板に貼りきれなかった選手からのリクエスト書類。初日の風で破損したマスト、セール、艤装交換が主な内容です。photo by Junichi Hirai

ch6i8521
第3レースでトップフィニッシュを決めた山本佑莉/高柳彬(日本経済大)。470に特化する日経大は創部以来14年連続出場(うち7回優勝)。今年は女子選手が中心の布陣で現在5位。photo by Junichi Hirai

ch6i0088
早稲田470の牽引役となる岡田/岩井。6レースを2-2-2-7-11-1。photo by Junichi Hirai

ch6i9041
岡田/岩井の成績を超えるのが高山大智/木村直矢(日本大)。これまで1-1-13-1-1-4位と圧巻の成績。photo by Junichi Hirai

ch6i9507
39年ぶりに全日本出場を決めた千葉大470。photo by Junichi Hirai

ch6i1140
4レースを終えて帰着すると夕暮れ。晩秋の寒さを感じる季節になりました。photo by Junichi Hirai


全日本インカレ2日目。映像提供/レイラインメディア

◎バルクヘッドマガジン・フォトギャラリー
http://junhirai.photoshelter.com/portfolio
◎バルクヘッドマガジン・フェイスブック
https://www.facebook.com/bulkheader
◎第81回全日本学生ヨット選手権(中部学生ヨット連盟)成績速報等
http://www.ayf.jp/school

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ