矢野/藤木、日本代表に決定!レッドブル・フォイリングジェネレーション

  • 19
  • Apr

 4月19日、レッドブル・フォイリングジェネレーション最終日。レースの準備をするファイナリストたちは朝から緊張の面持ちです。それもそのはず。このレースに勝った選手は、世界初の優勝タイトルを獲得するばかりか、2016年に開催されるワールドファイナルへ出場する権利が与えられます。レース最終日の決勝は、深沢瑛里/高山大智と矢野伸一郎/藤木一誓の一騎打ちとなりました。(BHM編集部)

15.04.19__MG_0531
逆転優勝を遂げた矢野伸一郎/藤木一誓。日本チャンピオンに決定です!photo by Yoichi Yabe / Red Bull Content Pool

 3位決定戦に続いておこなわれた決勝は、多くの観覧艇が見守る中をスタートしました。南風4メートル程度ですが、フォイリングには十分な風が吹いています。このレースのポイントは、無風スポットを避けてブローラインに乗り続けること。岸寄りに設定されたレースコースは風の強弱があり、ブローに入ってボートスピードをキープし続けることが重要になります。

 スタートで先行した深沢/高山は、矢野/藤木をルーズタックでカバーしながらその差を広げます。さらに矢野/藤木がアップウインドで無風スポットに入ってしまい一気にスローダウン。深沢/高山が猛烈なフォイリングで先行しますが…。

 ハーフレグほど差をつけて上マークを回航した深沢/高山ですが、ラウンディング中、マークのアンカーラインにフォイルを絡ませてしまいます。いきなりボートはストップして身動きが取れません。

15.04.19_38K2091
フォイリングジェネレーション最終日。さすが決勝だけあって選手たちは上手です。すばらしいフォイリングを見せてくれました。photo by Yoichi Yabe / Red Bull Content Pool

 走りだした矢野/藤木は一気に追い抜き、さらに風をつかんでダウンウインド・フォイリング。1レグ近く差を広げて先行しました。その後の深沢/高山は走り出しますが、時すでに遅し。矢野/藤木がフィニッシュラインを切り、フォイリング・ジェネレーション優勝を決めました。

「決勝ではうまくスタートできず、差を広げられてしまいました。でも、相手がミスしたこともあり、途中で先行してから余裕あるレース展開になりました。相手と接近戦で戦いたかったけれど、優勝できてうれしい。来年のワールドファイナルでは優勝を目指します!」(矢野伸一郎)

「決勝で勝って世界大会にいけるのはうれしい。ただ、この船に乗って自分の筋力が足りないのがわかりました。フライングファントムは日本にないので、ナクラや49erでトレーニングします」(藤木一誓)

 フォイリングジェネレーション日本代表は、矢野/藤木に決定です。OP級でヨットをはじめ、昨年の長崎国体・少年男子シーホッパーSRで優勝した矢野は抜群のセーリングセンスを持つ同世代の中心選手のひとり。小学6年からOP級に乗り始めた藤木も和歌山ジュニア出身で、普段からふたりでチームを組んで49er級の練習をしているとのこと。今年は江の島オリンピックウィークに49er級で出場したいと話していました。

 表彰セレモニーが終わり、世界初開催となるレッドブル・フォイリングジェネレーションは、さわやかに幕を閉じました。このイベントは下記7カ国で開催され、矢野/藤木は、来年開催されるワールドファイナルに出場し、各国のチャンピオンと戦うことになります。矢野選手、藤木選手、おめでとう!

レッドブル・フォイリング・ジェネレーション 日本大会成績 参加19チーム
1. 矢野伸一郎/藤木一誓(和歌山工高/向陽高)
2. 深沢瑛里/高山大智(早稲田大/星林高)
3. 高橋 稜/小泉維吹(Kristin School/早稲田大)
4. 中村俊平/宮口悠太(JYMA 名古屋大/中央大)

レッドブル・フォイリング・ジェネレーション2015日程
4月17〜19日 日本・和歌山
6月26〜28日 ウエイマス・イギリス
7月10〜12日 マルチェージネ・イタリア
8月7〜9日 マルメ・スウェーデン
9月4〜6日 オーフス・デンマーク
9月25〜27日 サンクトペテルブルク・ロシア
10月19〜21日 フランス

15.04.19_MG_1611
表彰台に立つ入賞チーム。左から3位の高橋/小泉、1位の矢野/藤木、2位の深沢/高山。photo by Yoichi Yabe / Red Bull Content Pool

15.04.19_MG_1770
レースを観戦し、表彰セレモニーでプレゼンター役を務めた白石康次郎さん。「負けた選手もまたチャンスはやってくるし、チャンスは自分で作れる。また挑戦して欲しい」(白石)photo by Yoichi Yabe / Red Bull Content Pool

◎和歌山セーリングセンター(成績はこちらにアップされます)
http://www.wakayama-sailing.org/RED_BULL/index-red-bull.html
◎RedBull
http://www.redbull.com/jp

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ