沖縄東海レース、気になる気象海象は?

  • 28
  • Apr

 4月29日、沖縄〜東海ヨットレースがスタートします。参加14艇は出発地となる沖縄宜野湾マリーナで、長旅の準備を整え、スタートを待っている状態。選手がもっとも気になるのはレース中の天候とコース戦略でしょう。(BHM編集部)

 スタートは29日12時に宜野湾沖をスタートし北西へ。残波岬をかわしたあたりから最初のコース選択がはじまります。一旦沖へ出すのか、それとも伊江島と沖縄本島の内側を狙って最短ルートを選択し、東の風を選ぶのか。2010年の前大会では、奄美大島東岸を通過した〈GUST〉が船足を伸ばしました。

 天気図の予報を見ると現在本州は高気圧に覆われていますが、スタート後の30日になると、中国大陸の低気圧が九州方面へ移動してきます。スタート時の予報によれば、南東風15ノット前後。その後、奄美諸島、種子島へ向かうに連れて東系の風が20〜30ノットまであがるようです。この辺は、各チームのナビゲーターの手腕が問われるところでしょう。


4月26日発表の海洋速報。日本沿岸の潮流図です

 また、本州太平洋岸を流れる黒潮の流れもチェックです。海上保安庁の海洋速報によれば、現在の黒潮は、沖縄、奄美諸島の西方から、トカラ列島と奄美大島の間を抜けて、高知・土佐清水方面へ向かって北上しています。最大で2ノット前後。この黒潮をつかむことは、沖縄〜東海ヨットレースの重要なポイントになります。

 陸上で応援しているみなさんも天気図や予報サービスを探りながらレース展開を予想してみるとおもしろいです。天気の予報は、大会サイトでも詳細に紹介されています。

◎沖縄〜東海ヨットレース2012
http://okinawa.toscrace.jp/

◎沖縄〜東海ヨットレース2012・エントリーリスト
Gust(Ker40) 青山耕三オーナー 外洋東海
Bengal7(Humphreys54)邨瀬愛彦オーナー 外洋東海
1122TREKKEE(MUIR40)新田肇オーナー 外洋三崎
Monday Night(Sprint50MOD)岡田清春オーナー 外洋東海
ESPRIT(SWAN56)河本二郎オーナー 外洋三崎
貴帆(X41)北田浩オーナー 外洋津軽海峡
PETITE(X41)松本龍三郎オーナー 外洋西内海
サシバV(FIRST 45F5)東江正喜オーナー 外洋沖縄
ハングリーキャット(First40.7)小林秀俊オーナー 外洋東京湾
Thetis 4(First40.7)児玉萬平オーナー 外洋三浦
MIROKU II(YOKOYAMA12M)伊藤猛オーナー 外洋東関東
CRESCENT III(S40)平井昭光オーナー 外洋湘南
朝鳥(Ian Murray 43カスタム)田村慎一オーナー 外洋東海
AOBA(Sydney47CR)福田義一オーナー 外洋東京湾

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ