松尾/原、ハイクアウト大賞受賞!スナイプ全日本特別企画・ハイクアウトコンテスト

  • 27
  • Nov

 スナイプ全日本選手権中に開催されたバルクヘッドマガジン特別企画、ハイクアウト・コンテストの結果発表です。約10日間にわたっておこなわれたコンテストの投票総数は3492票。ハイクアウト大賞は、320票を集めた松尾虎太郎/原 潤太郎(早稲田大)に決定します。今年はレース成績、ハイクアウトコンテストともに大学生が活躍しました。おめでとうございます!(BHM編集部)

2017「ハイクアウト・コンテスト」上位入賞チーム
1位 320票
23669219_1639560556103364_6894817608348206110_o
松尾 虎太郎/原 潤太郎(早稲田大)。講評:ボートはフラット。クルーの表情からマーク間近の必死さが伝わってきます

2位 264票
23675118_1639562996103120_3889463840644509196_o
スナイプ全日本 運営チーム。講評:番外作品ですが、高評価を得ました。そりかえった足指がポイントでしょうか

3位 196票
23632418_1639560692770017_1074388635692820025_o
矢野 伸一郎/佐藤 侑紀(日本大)。講評:クルーが外側に向かって張り出した左肩のカタチがかっこいいです

4位 164票
23632584_1640439769348776_3283397386184791012_o
伊藤 優希/阿部 俊介(東北大)。講評:強風の荒れた海に出ていくときでも笑顔でハイク。すばらしい!

5位 138票
23551077_1639560499436703_2752530943030454498_o
佐藤 武/柏谷 大樹(法政大)。講評:上半身のウエイトをフルに使っています。短時間勝負のハイクアウトです

6位 134票
23551098_1639561139436639_1850590843513915806_o
國見 優太/小川 昭人(0)。講評:クルーの表情から「ヒールをつぶしたい」という気持ちがよく伝わってきます

7位 133票
23669091_1641657015893718_8361756472902698435_o
岸 祐花/清田 司(中央大)。講評:上半身を正面(進行方向)に向けたクルーが最も美しく見える乗り方です

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ