東北から全国へ!大学生がつくり上げるあたらしい東北のヨットレース

  • 11
  • Mar

 3月11日、東北の大学生たちが、あたらしいヨットレースの企画を発表しました。「春季東北学生オープンヨット選手権」が、5月20〜5月22日、宮城県七ヶ浜町吉田浜で開催されます。大会を企画した東北学生ヨット連盟から届いた大会コンセプトを紹介します。(BHM編集部)

16.03.11_02
5月、東北の大学生が手掛けるあたらしいヨットレースが始まります

春季東北学生オープンヨット選手権を開催します

 2016年5月に、東北水域で新たに「春季東北学生オープンヨット選手権」を開催します。この大会は、以下の3つをコンセプトとしています。(文・写真提供/春季東北学生オープンヨット選手権)

・若手の力で東北を盛り上げる!
・東北水域のレベルアップ!
・若手がチャレンジできる環境を!

 5年前の震災で、一時はセーリングをすることが難しくなり、活気がなくなってしまった地元の海。そこを、自分たち学生の手で盛り上げたい、そのために若手が中心となり、なにかをしよう、ということが、この大会の1つの原点です。

 それに加え、東北水域で開催される大学生の参加するレースの数は少なく、規模も小さいという現実を、自分たち学生の手で変えたいということが、もうひとつの原点です。

 この大会を一過性のものとせず、春にこのような大会を継続して開催することで選手にとっても、運営スタッフにとってもレース経験を積む良い機会とします。

 しかし単なるチャンピオンシップでは、他の大会との違いもありませんし、面白みがありません。ですので、今大会では公開での審問の実施や、一流選手の招待などの企画を進めています。

 「公開での審問の実施」という企画は、「プロテストルームの中でなにが行われているのか!?」をテーマに、選手の目の前で実際に審問を実施することで、選手はプロテストルームではどのような手順で審問が進められるかを間接的に経験でき、以後の大会における選手の武器のひとつになるに違いありません。

 いろいろな企画の詳細に関しましては、東北学生ヨット連盟のFacebookページなどで発信していきますので、ご期待ください。

 春季東北学生オープンヨット選手権の企画・運営を通して、東北の大学生が宮城の海を、東北の海を盛り上げようとしていて、そのパワーを全国へ伝えることができれば幸いです。

 今大会に関して、質問などの問い合わせがありましたら、下記の連絡先にご連絡ください。

春季東北学生オープンヨット選手権事務局 伊藤大貴
E-Mail:hiro0525sailing△gmail.com
(△は@に置き換えてください)

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
関東ミドルボートオーナーズクラブ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ