曇天博多湾に風吹かず。戦いは明日へ延期

  • 31
  • Oct

 10月31日、福岡小戸・福岡市ヨットハーバーで「第79回全日本学生ヨット選手権」がはじまりました。大会初日は曇天微風。1時間以上の陸上待機後に出艇し、選手たちは曳航されながらレース海面へ。今回のレース海面はハーバー隣の生の松原沖ではなく、能古島よりも玄海島寄りの博多湾。手前の海面には海苔網があるため、網を大きく避けて長い距離を走ってレース海面へ向かいます。(BHM編集部)

14.10.31_02
470級のスタート。今年のインカレのスタートではP旗、I旗、B旗に加えてU旗(B旗と同じく1分前よりスタートラインを出たら失格。しかしゼネラルリコール時は失格にならず再スタートできる)も採用されています。photo by Juncihi Hirai

 全日本インカレに出場するのは470級72艇、スナイプ級72艇。合計144艇が同じレース海面に向かう様子は圧巻のひとことです。さらに各校のサポートボート、多くの観覧艇もいるので海上はお祭りのよう。編集部の経験では、観覧艇を含めて、これほどまでにぎやかヨットレースは海外大会でもなかなかお目にかかれません。

 第1レースは12時過ぎ東寄りの風でスタートしましたが、風は弱く不安定。レースコミッティーは、スナイプ級のスタート直後、470級がトップマークを回航する前にノーレースの旗を掲げました。その後、選手たちは海上で風を待ちましたが吹くことはなく、2時半過ぎにAPAがあがり、大会初日はレースすることなく終了しました。

 大会初日は希望かなわずノーレースに。選手たちは4時にはハーバーへ戻り、それぞれの宿へ早々に戻りました。レース委員会は、大会2日目に最大4レース実施する予定とのことです。明日の風に期待しましょう。

14.10.31_03
今年の全日本インカレでは、470級やOP級の大会を例にあげるまでもなく、選手権大会では通常の毎朝のブリーフィングが初めておこなわれています。これは、当日の天候や大会の事情を踏まえて、レース委員会、プロテスト委員会の当日の方針や考え方を伝え、また選手・監督・コーチ側からの要望を聞くための時間です。大会初日は、レース委員会より帆走指示書変更箇所の確認、本部船・アウター船の種類、グループ分けされる出艇方法の確認などが発表され、選手側からはサポートボートのない学校より曳航の依頼、プロテスト委員会に対してRRS42条の認識確認など意見交換されました。他のヨットレースでは当たり前のことができていないのが「学連ヨットレース」の悪しき特長ですが、このように改善されている部分もあります。photo by Junichi Hirai

14.10.31_04
上マークの風向、スタート地点の風向、潮流をボードで知らせる慶応大のサポートボート。photo by Junichi Hirai

14.10.31_01
出艇前、輪になってミーティングする早稲田大。インカレらしい風景です。長年オリンピックを中心に活動してきた小松一憲コーチは過去に早稲田大のコーチを務めたことがあり、今年からひさびさ復帰。「(学生と一緒に生活しているといろいろなことが起きて)青春ドラマを見ているようだよ」と笑顔の小松コーチ。photo by Junichi Hirai

14.10.31_06
紹介せずにはいられない甲南大スナイプ。見事なカラーリングです。photo by Junichi Hirai


福岡全日本インカレ大会初日のダイジェスト映像です。撮影:デイリーセーリング

14.10.31_05
陸でも海でも風を待った大会初日は結局ノーレースに。戦いは明日に延期されました。photo by Junichi Hirai

福岡全日本学生ヨット選手権・ホームページ
http://intercollege-yacht2014.jimdo.com/
全日本インカレ速報ツイッター
https://twitter.com/zennichi79
全日本インカレ・フェイスブック
https://www.facebook.com/79th.yacht

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ポール・スチュアート
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
入船鋼材
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
Velocitek
銚子マリーナ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ