日本選手の国際大会連続メダルに期待!ワールドカップ・イエール開幕

  • 26
  • Apr

 4月25日、フランス・イエールで「ワールドカップシリーズ」が開幕しました。この大会は1月に開催されたマイアミ大会に続く2017年度ワールドカップの第2戦で、52カ国500艇以上のセーラーが出場します。種目は五輪10種目に加えて、パラセーリング種目のひとり乗り2.4mR、フォーミュラーカイト(フォイルカイト)も同時開催されています。(BHM編集部)

CH6I9688
毎年4月恒例の五輪ワールドカップ、イエール大会。明日以降、ミストラル(フランス南東部に吹く強風)になる予報が出ています。photo by Junichi Hirai

 2017年度のワールドカップは、米・マイアミ、仏・イエール、そして6月にスペインで開催されるサンタンデール大会が最終戦となります。今年はリオ五輪の翌年で、各国のメダリストはスロースタート、またはまだ本格的に活動を開始していなません。しかし、動き始めたあたらしいチームは国際大会に積極的に参戦していて、本大会は日本選手を含めて「あたらしい風」を期待させるワールドカップとなっています。

 日本選手は470級男女、RS:X級男女、レーザー級、ラジアル級、49erFX級に出場します。特に470級男子は、同種目国別で最も出場の多い7艇が出場。磯崎哲也/高柳 彬(エス・ピー・ネットワーク/日本経済大)が、マイアミ大会で銀メダル、先月スペインで開催されたプリンセスソフィア杯で金メダルを獲得したこともあり、大会全体をみまわしても日本は目立つ存在になっています。

 大会初日はレーザー級の瀬川和正(鳥取県立米子産業体育館)が第1レースでトップ回航から2位フィニッシュ。470級男子の小泉颯作/野田友哉(トヨタ自動車東日本・日本経済大)が第2レースでトップフィニッシュを飾るなど、日本選手の活躍が随所に見られました。

 ワールドカップシリーズ・イエールの開催は4月30日まで。バルクヘッドマガジンは、現地から日本選手の活躍をお伝えします。お楽しみに。

CH6I8624
ポート・イエールのヨットハーバーにはところ狭しと出場艇が並んでいます。photo by Junichi Hirai

CH6I9808
RS:X級男子、倉持大也。photo by Junichi Hirai

7Z7A8451
空には飛行機雲。photo by Junichi Hirai

CH6I9551
ベテラン格に成長した富澤 慎。北京、ロンドン、リオ五輪の代表選手です。photo by Junichi Hirai

CH6I8644
ハーバー中央のコンコース。photo by Junichi Hirai

CH6I0654
瀬川和正。photo by Junichi Hirai

CH6I0401
土居愛実。photo by Junichi Hirai

CH6I0046
49er級FXは日本が絶好調です。photo by Junichi Hirai

CH6I0240
初日4位につけた波多江慶/板倉広佳。photo by Junichi Hirai

CH6I1527
第2レースで1上マークトップ回航から順位を守りきった小泉颯作/野田友哉。photo by Junichi Hirai

CH6I1717
高山大智/今村公彦。photo by Junichi Hirai

CH6I1667
土居一斗/木村直矢。photo by Junichi Hirai

7Z7A8610
小泉颯作(右)/野田友哉。「ワールドカップの1位フィニッシュは初めて。プリンセスソフィア杯では予選落ちして悔しい思いをしました。この悔しさをバネに戦いたいと思います。このイエールでの事前練習は良い風が吹きました。今回は強風対策がどこまでできているのを確かめたいと思っています」(小泉)。photo by Junichi Hirai

ワールドカップシリーズ・イエール 初日成績
470男子 参加35艇
1. GRE Panagiotis MANTIS / Pavlos KAGIALIS 6.0p
2. ESP Jordi XAMMAR HERNANDEZ / Nicolás RODRÍGUEZ GARCÍA-PAZ 7.0p
3. SWE Carl-Fredrik FOCK / Marcus DACKHAMMAR 9.0p
5. 高山大智/今村公彦 16.0p
6. 小泉颯作/野田友哉 19.0p
7. 今村 亮/外薗潤平 22.0p
12. 土居一斗/木村直矢 28.0p
18. 神木 聖/疋田大晟 37.0p
24. 磯崎哲也/高柳 彬 46.0p

470女子 参加23艇
1. SUI Linda FAHRNI / Maja SIEGENTHALER 3.0p
2. ESP Silvia MAS DEPARES / Patricia CANTERO REINA 6.0p
3. ITA Elena BERTA / Sveva CARRARO 7.0p
16. 宇田川真乃/関 友里恵 31.0p

RS:X男子 参加45艇
1. SUI Mateo SANZ LANZ 2.0p
2. ITA Mattia CAMBONI 4.0p
3. ISR Shahar ZUBARI 5.0p
17. 富澤 慎 32.0p
41. 倉持大也 74.0p

RS:X女子 参加38艇
1. ISR Noga GELLER 2.0p
2. POL Zofia NOCETI-KLEPACKA 4.0p
3. ITA Veronica FANCIULLI 8.0p
11. 伊勢田愛 18.0p
17. 小嶺恵美 28.0p

レーザー男子 参加60艇
1. CYP Pavlos KONTIDES 2.0p
2. GBR Nick THOMPSON 5.0p
3. AUS Tom BURTON 9.0p
23. 瀬川和正 48.0p

レーザーラジアル女子 参加55艇
1. BEL Evi van ACKER 4.0p
2. LTU Viktorija ANDRULYTE 12.0p
3. HUN Mária ÉRDI 14.0p
10. 土居愛実 28.0p

49erFX女子 参加20艇
1. BRA Martine SOFFIATTI GRAEL / Kahena KUNZE 3.0p
2. ARG Victoria TRAVASCIO / Maria BRANZ 4.0p
3. NOR Helene NAESS / Marie RØNNINGEN 6.0p
4. 波多江慶/板倉広佳 7.0p

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ